花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ツツジの戦略

 たまには花をメインにした話をしよう。花は次世代に繋ぐ種を作る大切な器官で、植物それぞれ戦略がある。牛伏でツツジと黒蝶をたくさん見てきた。ツツジは花粉の媒介をアゲハに託したようだ。確かにヤマツツジにアゲハはよく似合うし、少し上を向いた雄しべや雌しべは大型のチョウでないと花粉を運べないように見える。ユリはT字型の自由に回転する床拭きのような形にたくさんの花粉が付いていて、アゲハの翅につけて運んでもらっている。モンキアゲハの白紋が花粉でオレンジに染まる。
a0117305_21583628.jpg

 ところがツツジ類の雄しべは花粉も見えない。
a0117305_2202116.jpg

 花の上部にある斑点はブロッチ(?)と呼ぶ蜜標で蜜のありかを示す。確かにブロッチの下をたどっていくと蜜のありかにたどり着く。
a0117305_2263545.jpg

 だからチョウたちはブロッチを上にして、羽ばたきが出来ないほどにもぐり込んで蜜を吸う。
a0117305_228926.jpg
a0117305_2282268.jpg

 このとき当然翅は雄しべに触れている。しかし花粉は葯から出ていない。雄しべの先の葯を針で突いて花粉を出してみると粘着性の糸で繋がっている。数珠玉のようだ。
a0117305_2213627.jpg

 と言うことは止まるときの脚に付けるのか。マツヨイグサがスズメガの長い口吻に粘った糸に繋がった花粉を運んでもらっているのと同じ戦略なのか。過去の写真を探してみたが脚に花粉が付いた写真は見つからない。
a0117305_22174548.jpg

 ミヤマセセリのような小さなチョウでも翅なら花粉が付くかもしれないし、最初に止まったときには脚にも付くかも知れない。
a0117305_23374073.jpg

 ツツジには葯から花粉が飛び出す時期があるのかな。翅でも脚でもいい、花粉が付いたチョウの証拠写真を撮りたいものだ。
 
 
[PR]

by buttfflow | 2011-05-21 23:35 | Comments(2)
Commented by yoda-1 at 2011-05-24 12:46
ここまで花粉が隠れているのは、自家受粉を避けるためですかね?
よくコツバメなどの小さい蝶が雄しべ先端で何かしているので、実は雄しべ先端でも蜜が出ているのかも??
勝手なことばかりコメントしていますが、次回観察時の楽しみが増えました。
Commented by buttfflow at 2011-05-24 23:48
花とチョウ(虫)との関わりあいは、植物が生存競争を勝ち抜く戦略の成果ですから、知れば面白いと思います。コツバメの吸蜜シーンにはまだ出会っていません。観察すると面白い事実の発見かも知れませんね。
<< 新潟でギフを見ただけ 黒蝶勢揃いの牛伏山 >>