花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ロンパリ紀行(10)

 ナチュラルヒストリーミュジアムの温室。ここでもアゲハチョウは結構種類が多い。先ず目立ったのは後翅が薄いブルーの帯の黒いパピリオ。尾状突起のないのはナガサキアゲハP.menmonらしい。尻尾のあるのはパラワンアゲハとかセレベスアゲハと言われているP.lowiなのか。
a0117305_22352621.jpg
a0117305_22354086.jpg

 最近群馬にも進出したナガサキアゲハは九州産よりも白紋が小さい。南に行くと白紋が大きくなるのは日本の図鑑にも出ている。更に南に行くと見たこともないような変異があるものだ。他の蝶に擬態しているのだろうか?残念ながらナガサキの裏は見せられたものではない。
 中米に多いタスキアゲハ。日本にいない蝶でも特徴を捉えた命名だ。
a0117305_22424690.jpg

 アフリカのオナシアゲハ。
a0117305_22431953.jpg
a0117305_22433619.jpg

 長い尾状突起のコオナガコモンタイマイ。これがヒラヒラ飛ぶ姿はとても優雅であった。
a0117305_22471997.jpg

 変異の多いドクチョウ類はここでもゆったり飛んでいた。
a0117305_22485335.jpg
a0117305_2249422.jpg
a0117305_22492444.jpg

 リュウキュウアサギマダラかと思ったらウスコモンアサギマダラとか。
a0117305_22514245.jpg
 
 そのほか日本と共通のカバマダラとメスアカムラサキ。擬態の勉強か?
 この後、NHM本館も見学した。やはり恐竜は子供たちの人気だ。アッテンボローの部屋もあったが時間切れ。ハイドパークを通って歩いて帰った。
a0117305_22582582.jpg
a0117305_22583682.jpg

[PR]

by buttfflow | 2011-07-28 23:08 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2011-07-30 20:26
この温室、最高に素敵な場所ですね!
何時行けるか分かりませんが、イングランドに行ったらぜひ寄ってみたいです。
Commented by buttfflow at 2011-08-01 23:21
 ここの蝶温室は期間限定なので、バタフライワールドのほうが良いと思います。遅れていますが完成は9月のはずです。イギリスは少ない蝶を更に絶滅させているので、その反省もあるのでしょうか。
<< ロンパリ紀行(11) ロンパリ紀行(9) >>