花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カラスアゲハ at 牛伏山


 牛伏山のツツジやサツキの季節には黒いアゲハ類が良く見られるので天気が良ければ毎日のように出かけている。6月の中旬にはモンキアゲハがたくさん見られるようになる。モンキアゲハは初めて撮ったのがチョウを撮り始めたきっかけになったので特に思い入れがある。モンキアゲハが優勢になる前はカラスアゲハやミヤマカラスアゲハが蝶道を行き来しながら時々花に止まる。お城の北側の日陰のヤマツツジは少し遅くまで咲いている。ここに吸蜜に訪れる。先ずはカラスアゲハ。
a0117305_22205842.jpg
a0117305_22212167.jpg
a0117305_22215751.jpg
a0117305_22220617.jpg
a0117305_22221411.jpg
a0117305_22223502.jpg
a0117305_22225862.jpg
a0117305_22232782.jpg
 連写でうまく撮ると40枚すべてが写っていることがある。翌日オオムラサキツツジに来た個体をかなりアップで撮った。
a0117305_22234070.jpg
a0117305_22234944.jpg
a0117305_22235979.jpg
a0117305_22241539.jpg
a0117305_22243521.jpg
a0117305_22244743.jpg
a0117305_22245888.jpg
a0117305_22251106.jpg
a0117305_22252415.jpg
 花に来たのはいつも同じになってしまう。そこで蝶道を飛んでいる姿を狙った。なかなか難しい。フォーカス半押しで待つが、本押ししたときにピントピタリに会うことは少ない。
a0117305_22253722.jpg
a0117305_22254515.jpg
a0117305_22255555.jpg
 最後の画像は輝く翅が少しだけだが写っていた。
[PR]

by buttfflow | 2017-07-03 22:52 | Comments(0)
<< ミヤマカラスアゲハ at 牛伏山 ベリー類と小玉スイカ >>