花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

中国青海省の旅(5)

 青海省の蝶は小さなシジミチョウをはじめとして標高が高いので珍しいものが多かった。当然、花たちは高山植物で背は低いが綺麗な花が多い。今日はヒマラヤの青いケシ、幻の青いケシと呼ばれるメコノプシスを取り上げよう。青海省の4000mを超える山では、青いケシの代表「M. horridura」が多い。青空をバックにして撮るとまさに「天空の青いケシ」だった。因みに道路わきに咲いているのは道端の青いケシだった。
a0117305_22282624.jpg
a0117305_2229726.jpg
a0117305_22295875.jpg
a0117305_22302556.jpg

 曇りの日に同じように空を背景にして撮ったがまるで違う雰囲気。抜けるような青空が似合う花だ。日本でも栽培されているらしいが、最高気温が25℃までにしないと枯れるので一般家庭で楽しむのはほとんど不可能。そんな花だからヒマラヤやチベットまで見に来る。赤い花や黄色い花もあるらしい。何だ高山のポピーじゃないか。でも、ここの青い色は日の当たり方や咲いてからの時間で色が変るのか、青から赤紫まで変化がある。
a0117305_22393045.jpg
a0117305_2240490.jpg

 また、花びらがふっくらしたものが多いが、細い花びらのものもある。
a0117305_22412486.jpg

 少し標高の低いところ3500~4000m位のところにはうつむき加減に咲く別な種類「M.
quintuplinevia
」が咲く。この花も違った雰囲気がある。
a0117305_22453669.jpg
a0117305_224655.jpg

[PR]

by buttfflow | 2009-07-12 22:52 | Comments(0)
<< 中国青海省の旅(6) 中国青海省の旅(4) >>