花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

庚申山の野鳥

 庚申山には、テニスコートや体育館のある総合公園でコの字形に尾根を回るウォーキングコース、途中の谷や池をを通る半周コースがある。寒くなって葉が落ちた明るいウォーキングは鳥を見たり遠くの雪山が見えたり楽しい。私は良く半周コースを歩く。尾根筋の雑木林でオオミドリの卵を探し、池の近くでは鳥を見る。ここでは休みの日になるとデジスコを持った人が多い。先日マスクをして三脚を担いだ人から声をかけられた。安中在住のSさん。現役の頃高崎の研究所で一緒だった同期入社の方だ。もう直ぐ定年だが、バーダーになっているとは知らなかった。ここにルリビタキがいるというので来たという。そう言えば所沢ナンバーの車もあったからバードウォッチングには名所なのだろう。少し一緒に探すと池の近くにルリビタキ♀。
a0117305_22555443.jpg

 こんなに近づけるのなら連写カメラで充分。ピントをずらすブラケットで撮影。どれか良いのがあるだろう。更に少し歩くと今度は♂。地上で餌を探しているので近づいても逃げない。数人で撮っていたがデジスコには近すぎるようだ。逃げても戻ってきて近くに来る。絶好のチャンスだ。
a0117305_2324940.jpg

 どうもバードウォッチャーは三脚にロングを構えて、鳥が来るまで待っていて、なんとなく近づきがたい雰囲気があった。Sさんみたいな人なら一緒にやれるだろう。鳥もなれているのかこんなに近くで撮れるのは楽しい。今度はブラインドテントと500mmズームを持ち出すかな。餌付けをしている場所でアオジ♀。段々近づくが最後は画面いっぱいの1.5m。
a0117305_23104962.jpg
a0117305_23105756.jpg

 Sさんとはそこで別れたが、フィールドで旧知の友に会うのはうれしい。
[PR]

by buttfflow | 2010-01-12 23:19 | Comments(0)
<< 庚申山の野鳥(2) 連続飛翔(8) >>