花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 07月 31日 ( 1 )


ウラクロシジミ


 牛伏山がしばらく続いたので少し省略してほかの画像にする。去年もアップしたウラクロシジミは、翅表が白く輝くため翅裏は黒くないのだがウラクロと名前がついている。白い翅が目立つのは薄暗くなったころなので4時過ぎるころから活発に活動する。飛ぶ姿は特徴的に輝いたり消えたりする。これを見ているだけでも自然の見事さに感心する。雌チョウが来るまで飛び続けるのだろう。5時を過ぎ夕日がかなり傾き始めると葉の上で開翅して、縄張りを主張する。いわゆるテリ張りなのだ。白い翅の反射光は少し青く光る。これがとても綺麗だ。夕方の赤い陽を受けてうすいピンクに見えるときもある。とにかく画像をアップしよう。
a0117305_20183975.jpg
a0117305_20185389.jpg
a0117305_20190259.jpg
a0117305_20191005.jpg
a0117305_20191952.jpg
a0117305_20192971.jpg
 次の一連の画像は翅裏が良く撮れている。
a0117305_20194051.jpg
a0117305_20195256.jpg
a0117305_20200181.jpg
a0117305_20201440.jpg
a0117305_20202835.jpg
 そのほか光線の具合の異なる画像4種。
a0117305_20203863.jpg
a0117305_20204781.jpg
a0117305_20205660.jpg
a0117305_20210688.jpg
 暗いところを飛ぶ連写画像。ISO感度が高いので画質は良くないが飛ぶ姿は見られる。
a0117305_20211545.jpg

[PR]

by buttfflow | 2017-07-31 20:49 | Comments(2)