花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


今日もモンキチョウ

 今日も気温は高かった。昼過ぎ、テニスの帰りに寄った藤岡市上戸塚の神流川の堤防でまたもモンキチョウ。ここは河川敷に入る道路が斜めに堤防を上がるため、ちょっとした風よけになっていて、菜の花や西洋カラシナが他より先に咲き始めている。ベニシジミの発生も比較的早いところだ。まずはそよ風に乗ってヒラヒラと上流へ向かって飛んだ行った。追いつけない。しばらくすると今後は近くで一休み。
a0117305_22583822.jpg

 飛び立つところを撮って見た。
a0117305_2259942.jpg
a0117305_22591537.jpg
a0117305_22592170.jpg
a0117305_22592992.jpg
a0117305_22593819.jpg

 去年と比べると1ヶ月近く早い。かなり寒さが厳しいと思っていたが、季節は確実に動いているようだ。そういえば去年は大雪でチョウの発生は全体的に遅れていた。ベニシジミなどは4月に入ってからのようだった。この場所はギシギシやスイバが多い。赤くなった葉をひっくり返すと葉の付け根に幼虫がいた。まだ蛹になるには小さい。もう蛹ななっているのもいるのだろう。
a0117305_2345160.jpg

[PR]

by buttfflow | 2015-02-24 23:12 | Comments(0)

早くもモンキチョウ

 今日は暖かい予報なので朝から新町の神流川鉄橋に出かけた。着くと直ぐのところにある竹藪そばのススキの原の道路際、黄色いチョウが飛ぶ。モンキチョウだ。なかなか止まらない。まず飛んでいるところを証拠写真。しばらく目で追うと止まった。
a0117305_23363774.jpg
a0117305_23364519.jpg

 帰ったら前橋のFさんも高崎利根川の堤防でモンキチョウの初見報告。群馬でもチョウの季節がやってきた。
 鉄橋の周りをうろうろしていたらキタテハがあちこち飛んでいる。予報通りの15℃を超える陽気なのだろう。チョウゲンボウもカップルが決まって、以前ほど呼び合う声は聞こえない。カラスもやって来るが今度は追い返していた。橋脚の電線や駐車場わきの芝生の中の木の上で餌の小鳥を狙っているような姿勢。あちこち首を回している。その中で眼が光っている写真が撮れた。
a0117305_23443585.jpg

a0117305_2344419.jpg

 近くの林ではシメとジョウビタキの♀。♂のような派手さはないが可愛らしい。
a0117305_23455895.jpg
a0117305_2346431.jpg

 線路わきにエノキの大木が5~6本。久しぶりに根元の葉をめくった。すぐにゴマダラチョウの幼虫2つ。やはりアカボシゴマダラが大木には少ないようだ。
a0117305_23501177.jpg

 帰りの堤防の周りではキタキチョウも飛び始めた。
a0117305_23473234.jpg
a0117305_234741100.jpg

 堤防の斜面でベニシジミの幼虫を探したが食草が多すぎて見つからない。
[PR]

by buttfflow | 2015-02-23 23:57 | Comments(0)

炭焼き2015

 今年も山名丘陵のボランティアで炭焼きを行った。準備のコナラやクヌギの準備には3ヶ月の勤労奉仕でようやくできたものだ。切るのはチェーンソーで簡単だが運ぶのは人力。老人パワーも限界だった。去年の失敗を繰り返さないよう注意を払って始めた。
 火付けは会長のSさん。礼拝の後、最近では珍しいマッチを使った。
a0117305_23555681.jpg
a0117305_2356448.jpg
a0117305_23561258.jpg

 窯口からどんどん燃やす。しばらくは温度が上がらない。3時間くらい立ってようやく煙の温度が上がってきた。
a0117305_23583222.jpg
a0117305_23584222.jpg

 暗くなって煙温度が78℃。もう少し84℃まで上がるとネット検索で出ているが止めることにした。吉と出るか凶と出るか決断。去年はほとんどが白炭(消し炭)。この失敗は許されない。火を消し口を細めたが中は燃えている。煙突をつないで見守るだけ。徹夜の番だ。(お疲れさま)
 翌日(今日)数人暗くなるまで監視となった。
a0117305_045883.jpg
a0117305_05929.jpg
a0117305_052155.jpg
a0117305_052679.jpg

 煙の温度は200℃を越えている。手を当てるとまだ湿っぽい。あとは待つだけ。明日は完全に細めた口をふさぐ。
[PR]

by buttfflow | 2015-02-17 23:44 | Comments(0)

神流川で見た鳥

 チョウゲンボウと一緒に撮れた鳥たち。珍しい鳥たちはいなかったがベニマシコと思しき鳥が写っていた。Hさんの情報では鏑川にもいるとのことで神流にもいるのだろう。
a0117305_22393496.jpg

 アオゲラの鳴き声は何回となく聞いていたが帰り際にターゲットゴルフ場の木に来た。とりあえず撮ってもう少し横に移動したらすぐに逃げた。
a0117305_22411797.jpg

 アオサギもこちらが見つけるともう逃げている。警戒心の強い鳥だ。
a0117305_2243064.jpg
a0117305_2243694.jpg

 枯れた草の実でも食べているのかカシラダカ。群れているはずだがこの時は1羽のみ。
a0117305_22443831.jpg

 ツグミに、ジョウビタキ。冬の定番。
a0117305_22451397.jpg

 もう少し珍しい鳥かと思ったらスズメ。飛ぶところは変わらない。結構見られる。
a0117305_22474435.jpg

 水辺のセグロセキレイや枯れ木のモズ。
a0117305_22491921.jpg

a0117305_22492926.jpg

 撮れると結構面白いものだ。チョウゲンボウと間違えたノスリ。タカがタカを襲うこともあるのだろうか。タカの仲間の飛ぶ姿は精悍だ。
a0117305_22523241.jpg

[PR]

by buttfflow | 2015-02-11 22:53 | Comments(0)

再びチョウゲンボウ

 午後にチョウゲンボウを見に鉄橋に行ってみた。カラスの声が大きい。近づいてみるとカラスの集団が騒いでいる。チョウゲンボウは遥か上空を舞っている。降りてきたらカラスが攻撃している。意外とカラスのスピードは速い。なかなか撮れない。ようやく撮れた撮れた一枚。
a0117305_23124397.jpg

 チョウゲンボウは林の少ない向こう岸に避難したようだ。
 翌日、向こう岸に行ってみた。チョウゲンボウは少ない。岸部に行くと遠くで何やらバーンと嫌な音がする。慌てて堤防の上に戻ってしばらくすると犬が枯野を走っている。ほどなく鉄砲を担いだ二人。やばい。
a0117305_23171650.jpg

 埼玉県側は禁漁区ではないのだ。群馬側は禁漁区だしカラスもいないようなので急ぎ戻った。チョウゲンボウは上空高くに2匹で恋の散歩。しばらくすると橋脚に戻って休む。
a0117305_23233757.jpg

a0117305_23203664.jpg
a0117305_23204412.jpg

 近づくと飛び立ってしまいまた旋回して上がる。
a0117305_23213957.jpg

a0117305_23223053.jpg

a0117305_2326981.jpg

a0117305_23262438.jpg
a0117305_23263274.jpg

 近くの梢のてっぺんに止まった一羽。アップで捉えようとそっと近づき、デジタルズームで少し倍率をあげる。飛び立つ瞬間が2枚写った。
a0117305_23303722.jpg
a0117305_23304565.jpg

 画像を確認して、とりあえず満足。
[PR]

by buttfflow | 2015-02-09 23:33 | Comments(2)

セツブンソウ咲く

 今日は立春。暦の上では春というのに明日から雪だという。夕方から雲行きが悪くなり満月も登っただけで雲の中に消えた。それでも植物たちはちゃんと季節を感じている。数年前に撒いたセツブンソウの種から花が咲きだした。まだ地面すれすれに咲いただけだが白い花が見えてきた。流石に名前のセツブンソウに間違いはなく節分のころに咲きだした。
a0117305_23143992.jpg

 古くから植えてある株のところはまだ姿を見せていないが今年初めて咲くのがアルビノの純白の花。秩父や葛生の産地で見かけた青軸のアルビノだ。どこから種を持ってきたのか忘れたが初めて咲く花だ。
a0117305_23181592.jpg

 明日は雪なのでその雪が消えるころ白い雪の中の白い花。うまく写真が撮れると良い。まだフクジュソウは芽を出していない。これも雪の中から咲くと良い。去年みたいな大雪にならなければ雪も楽しめる。
[PR]

by buttfflow | 2015-02-04 23:22 | Comments(0)

チョウゲンボウ

 チョウゲンボウの棲む崖が少なくなりビルや鉄橋に進出し、新しい棲家をつくっているのが各地で聞かれている。神流川にも数頭が営巣をするため集まってきている。広い河川敷には餌も豊富なのだろう。鉄橋にはいろんなところに巣に適した穴が開いてそこに飛び込む姿も良くみられる。晴れた日には上昇気流を捉えてみるみるうちに上空へと消える。多分♀なのだろう橋脚の高いところに留まってキャーと鳴くと数頭が近寄ってくる。また近くの梢に止まってにらみを利かしているのもいる。やっぱり野生種、近づくと飛び立つ。そんな瞬間を写したいとしばらく通うつもりだ。
a0117305_2148873.jpg
a0117305_21482042.jpg
a0117305_21482957.jpg

 やはり飛んでいる姿は綺麗だ。
a0117305_21491618.jpg
a0117305_21492368.jpg

 橋脚から飛び出したところを捉えた。
a0117305_21501889.jpg
a0117305_21502626.jpg

2/11追加(2枚削除)
 足利の蝶友(鳥友ではありません)Tさんからチョウゲンボウではなくてノスリのようだと指摘があり、腹の模様などノスリのようなので神流川の鳥に移します。
[PR]

by buttfflow | 2015-02-03 21:53 | Comments(0)

2月にウラナミシジミ

 去年の12月初めに取りこんだウラナミの幼虫や卵から豆で育った蛹がここにきて羽化し始めている。例年よりも暖房が効いているためもう残った蛹は少ない。なるべく長く生きて欲しいのでいろいろ工夫をしている。前回にも報告したが冬に咲くニオイスミレ、最近見かける黄色いセンダングサのビデンスなどとポカリやメイプルシロップの希釈液などを与えている。たまには部屋に放したりしている。いくつか画像を出してみよう。前と同じように低温期型の特徴は変わらない。
a0117305_21344374.jpg
a0117305_21345110.jpg
a0117305_2135468.jpg
a0117305_21351046.jpg
a0117305_21352178.jpg
a0117305_21352956.jpg
a0117305_21353651.jpg

 このところ新たにスナップエンドウとパイナップルを置いている。そして昨日日向に出して出かけて帰ったら交尾個体を発見。写真を撮ろうと動かし、カメラの準備していたら離れてしまった。その残念な写真がこれだ。カーテンに止まったところを撮っておけばよかった。
a0117305_21403241.jpg

 産卵する豆があると違うのか分からないが、初めて確認できた。インゲンマメに産んだ卵を見たことがある。交尾雌が卵を産むか、とにかく長生きしてもらおう。
[PR]

by buttfflow | 2015-02-02 22:06 | Comments(2)