花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
grassmonblu..
by buttfflow at 12:28
こんばんは 突然お邪魔..
by grassmonblue at 00:54
ヒメオオさん、コメン..
by buttfflow at 21:39
上から2コマ目の菜の花の..
by himeoo27 at 16:27
ヒメオオさん、コメン..
by buttfflow at 23:06
andanntesss..
by buttfflow at 23:33
バイカオウレン(キンポウ..
by andantesss at 01:31
ヒメオオさん、コメントあ..
by buttfflow at 23:21
最後のコマは ウラギン..
by himeoo27 at 19:18
ヒメオオさん、コメントあ..
by buttfflow at 23:45
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ジャコウアゲハ

 いつもの神流川の堤防ではこの2年ジャコウアゲハが発生していた。年2回の草刈に耐えて残ったのだが今年もいくつか発生しているが、また草刈だ。5月上旬もう少し下流の林の中を探索。車が通った通路わきでジャコウの雌雄が絡んでいいた。こちらは草刈をされないので今後も生き残るだろう。先ほどの雌雄にピントを合わせたら落下。こんなこともあるのだ。
a0117305_222214.jpg
a0117305_2222917.jpg

 林の中に踏み込むとムラサキハナナが意外と多い。ここにジャコウが来て吸蜜。雌は逃げてもすぐに止まるので撮りやすい。
a0117305_2223566.jpg
a0117305_2224224.jpg
a0117305_2224823.jpg
a0117305_2224149.jpg
a0117305_22242449.jpg
a0117305_22243436.jpg

 雄もたまにはやって来るが先に止まって吸蜜しているのにチョッカイ。
a0117305_22255056.jpg
a0117305_22255761.jpg

 通路わきの明るいところにも結構現れる。
a0117305_22272634.jpg
a0117305_22273481.jpg
a0117305_22274058.jpg

 ここの発生なら残るだろうがどこにウマノスズクサがあるのだろう。草深くなる前に探そう。
[PR]

by buttfflow | 2015-06-24 22:29 | Comments(0)

アオスジアゲハ

 5月連休を過ぎるとアオスジアゲハが目立つようになる。吸水したり吸蜜する姿が見られる。遅く咲いた赤い芝桜に吸蜜に来ていた。
a0117305_23182014.jpg

a0117305_23183325.jpg

 咲き残った芝桜でも同じ色に良く止まった。2頭が絡んだところも撮れたが直ぐに離れ、1頭はすぐに戻ってきた。
a0117305_23193167.jpg
a0117305_23193943.jpg
a0117305_2320018.jpg
a0117305_2320995.jpg
a0117305_23201759.jpg

 吸水はなかなか近づけないので飛び立つところを撮った。
a0117305_23262512.jpg

 荒地のハルジオンにも良く来る。この時はかなり近づいても逃げない。
a0117305_2328519.jpg
a0117305_23281225.jpg
a0117305_23281919.jpg

 よく見ると前翅前縁に青い点がある。調べてみるとエサキ型というタイプ。もっと大きな紋様もあるがここに点であってもそう呼ぶらしい。石垣島で逢った採集者が見せてくれたことを思い出した。そのあともたくさん撮っていた。良かった。
a0117305_23332429.jpg
a0117305_23333240.jpg
a0117305_23333990.jpg
a0117305_23334678.jpg
a0117305_23335230.jpg

 あとで昔撮ったアオスジを調べてみたが皆普通種であった。特に変わったタイプを求めているわけではないがこんな型もあるのを覚えておこう。
[PR]

by buttfflow | 2015-06-18 23:37 | Comments(1)

ミヤマカラスアゲハ

 ミヤマカラスアゲハはやはり少し山地性のようだ。カラスアゲハは山麓で早くから見ているがミヤマカラスは山頂付近で見ることが多い。山頂付近の登山道で待っているとヤマツツジに吸蜜に来る。ただし雄チョウは気まぐれで吸蜜するようでゆっくりしていない。「ここだ」と決めて待つのが良い。待つのが嫌いでもしばらく我慢。腹減らしを待つ。
a0117305_22534571.jpg
a0117305_22535280.jpg
a0117305_2253581.jpg
a0117305_2254484.jpg
a0117305_22541110.jpg
a0117305_22542468.jpg
a0117305_22543254.jpg

 この時期のミヤマカラスは後翅ウラの白帯が特徴で表からも分かる。ツツジの季節になると花の中に頭を突っ込んで翅も止める。ここでピントを合わせ飛ぶのを待つ。比較的楽に撮れるから良い。
a0117305_2257433.jpg
a0117305_22574992.jpg
a0117305_2258343.jpg
a0117305_225894.jpg
a0117305_22581923.jpg
a0117305_22584165.jpg

[PR]

by buttfflow | 2015-06-16 23:01 | Comments(0)

カラスアゲハ

 オナガアゲハと共に比較的早く出てくるのがカラスアゲハだ。去年はオナガアゲハと一緒に集団吸水する姿が見られたが今年はオナガアゲハはよく見るがカラスアゲハの吸水は少なかった。仕方なく花に来たところを狙った。まずはムラサキハナナに良く来ていた。
a0117305_22192176.jpg

a0117305_22192993.jpg
a0117305_22193890.jpg

 牛伏山頂で羽化直後の♂がゆっくり撮らせてくれた。
a0117305_22205262.jpg
a0117305_22205989.jpg
a0117305_2221638.jpg
a0117305_22211369.jpg
a0117305_2221237.jpg

 芝桜が咲くとここにも良く訪花している。
a0117305_22221269.jpg
a0117305_22221850.jpg
a0117305_22222562.jpg

 ツツジが咲くとこの時は頭を花に突っ込んで吸蜜する。普通は翅をバタつかせるがツツジでは止まってしまう。全く撮る気にはならない。
a0117305_22243435.jpg
a0117305_22244257.jpg

 ツツジが終わるとサツキが咲きだす。この時はお城の前で待つとお城と一緒に移すことができる。
a0117305_2226728.jpg

[PR]

by buttfflow | 2015-06-15 22:27 | Comments(0)

オナガアゲハ

 オナガアゲハは黒いパピリオの中では発生が早い。まだまだツマキチョウが元気な時に飛んでいる。ムラサキハナナの花が好きなようだ。
a0117305_22514186.jpg
a0117305_22515854.jpg
a0117305_2252753.jpg
a0117305_22521471.jpg
a0117305_22522226.jpg
a0117305_22523067.jpg
a0117305_22523859.jpg

 その後ムラサキハナナが終わりごろには近くのシバザクラで吸蜜する姿が見られる。
a0117305_22534951.jpg
a0117305_22535568.jpg

 ツツジが咲きだすとこれにも顔を突っ込んで吸蜜するが、この頃には長い尾の片方が無くなったりして撮りたくなくなる。
 また、晴れた日に雄はミネラルを求めて吸水する。この時水分だけを定期的に尿として出す。なかなか狙って撮れないがこの日は一人ゆっくり近づいて連写しよう。しかし警戒心の強い彼らは近づかせてくれない。カメラを持ったまま赤ちゃんの歩き始めの「いざり」でゆっくりと近づく。ほぼ10cmだ。何回か狙って連写。写っている。
a0117305_2372916.jpg

a0117305_2374769.jpg

 まるでミルク飲み人形だ。2滴目はなかなか落ちず、キレの悪い年寄りか?そんな確認しているうちに飛び出した。
a0117305_23104557.jpg

[PR]

by buttfflow | 2015-06-10 23:20 | Comments(2)

ウスバシロチョウ

 ウスバシロチョウのあの優雅な飛び方を見ると、どのように撮ったら一番ウスバシロらしさが出るのか毎年悩んでいる。ハルジオンから飛び立つところ、高い木の梢から滑空して降りてくるところなどいろいろ撮ったが、最近の定番になっている青空バックに輝く姿は綺麗だ。
a0117305_2213472.jpg
a0117305_22135676.jpg
a0117305_2214256.jpg
a0117305_2214112.jpg
a0117305_22142036.jpg
a0117305_2214277.jpg

 ところが白い雲に入ると白とびになる。これもうまく撮れば面白いが難しい。今回はこんなもの。
a0117305_22162523.jpg

 黒っぽい背景で飛ぶ姿も良く見ると綺麗だ。
a0117305_22171835.jpg

 新緑の林の中を飛ぶ姿はどうか。イマイチ白さが出ない。もう一工夫必要なようだ。マイナス補正かな。
a0117305_22185490.jpg
a0117305_2219274.jpg
a0117305_2219925.jpg

 ウスバシロがニセアカシアで吸蜜した。白い花に白いチョウ。もぐり込んで吸っているので面白くない。飛ぶ姿もそれほどでもなかったが花の影と日当たりの濃度差が面白かった。。
a0117305_22205449.jpg
a0117305_2221171.jpg
a0117305_2221740.jpg

 ウスバシロの♀が目の前で草の中にもぐり込んだ。そっと手前の草をよけて撮る。スギナの根元に産んでいる。飛び立ってから見たけれど卵は見つからない。脅かしたからなのか?
a0117305_22223812.jpg

 いろいろ撮り方を工夫したが青空で輝く姿が一番綺麗かな。
[PR]

by buttfflow | 2015-06-09 22:27 | Comments(0)

スミナガシ

 牛伏山にはスミナガシを撮りに来る方が多いようで、管理人さんもチョウの名前を憶えて、尋ねられると答えているようだ。雌の来るのを待つテリ張りでは、見晴らしのいいところで何時でも発進でき、自分の存在をアッピールするように止まる。この時は飛ばないものは全く気にしないのでシャッターチャンスだ。
a0117305_22384136.jpg

a0117305_22385776.jpg
a0117305_2239473.jpg
a0117305_2239184.jpg

 見晴らしのいいところであれば差し出した手のひらだろうが帽子の上だろうが止まりに来る。手を差し出して広角で止まるのを待つ。ピントぴったりだ。眼線が合った。
a0117305_2243924.jpg

a0117305_2243169.jpg
a0117305_22432431.jpg
a0117305_22433295.jpg

 アオバセセリの項ではスミナガシは追われてばかりだったが追う姿もたくさん見られる。見難いが、後方からクロアゲハ♂が飛んできて視界に入った途端にスクランブル発進。
a0117305_2246714.jpg
a0117305_22461476.jpg
a0117305_22462118.jpg
a0117305_22462949.jpg
a0117305_22463729.jpg

 そんな時に領空侵犯するとアオバセセリに追われるのだ。緊張の続くどこかの近海のようだ。スクランブルにはエネルギーがいる。手乗りのスミナガシは片翅がちぎれている。奮闘の痕だろう。
[PR]

by buttfflow | 2015-06-08 22:58 | Comments(0)

アオバセセリ(5)

 アオバセセリの占有飛行は昨日アップした。さらにスミナガシのテリ張りを重なってアオバセセリがスミナガシを追う姿が初めて綺麗に撮れた。さらに撮影を続け、何回か連写を繰り返した。その時の露出をカメラ任せで、ISOオートにしているのでどこで計るかで明るさ変わる。最後は暗かったので現場では見ていない。
 帰ってから取り込んでびっくり。アオバセセリ2頭で追っているのが写っていた。ライバルよりも闖入者の排斥のほうが優先なのか。
a0117305_2316087.jpg
a0117305_2316823.jpg
a0117305_23161692.jpg
a0117305_2316221.jpg
a0117305_23162966.jpg
a0117305_23163562.jpg
a0117305_23164279.jpg
a0117305_23164852.jpg
a0117305_23165495.jpg
a0117305_2317043.jpg

 どれがいいか分からないがこんな写真も2度と撮れないだろう。年とると、どこを飛んでいるのかなかなか見えなくなる。悲しいね。
[PR]

by buttfflow | 2015-06-03 23:20 | Comments(2)

アオバセセリ(4)

 アオバセセリの普通の画像は昨日でおしまい。今日はいつもの場所で占有飛行の画像。占有飛行は縄張りを宣言している飛行だから当然邪魔な闖入者を追っ払う。雄一匹、雌が来るまであまり広くない縄張り空間を飛び回る。疲れると休むのだがなかなか見つからない。すぐに疲労回復。ドリンクも飲まずにまた飛ぶ。これを撮るのは慣れが必要だ。
a0117305_22294899.jpg
a0117305_22295942.jpg
a0117305_2230781.jpg

 青空バックは入門コースだが広角でないと難しい。置きピンで狙っても次の3枚くらいが良いほうだ。
a0117305_22315677.jpg
a0117305_2232739.jpg
a0117305_22321487.jpg

 お城の前の急斜面の向こうの林で占有飛行。その近くの高みでスミナガシが翅を開いてテリ張り。
そこに飛んで来たチョウは追い立てられる。それをアオバセセリが追う。見ていても楽しいが、これを捉えるのは難しいが、今回何とか撮ることができた。
a0117305_22352126.jpg
a0117305_22352876.jpg
a0117305_22353762.jpg
a0117305_2235441.jpg

 そのまま青空まで追いかけっこが続いた。
a0117305_22365910.jpg
a0117305_2237452.jpg
a0117305_22371070.jpg
a0117305_22371919.jpg

[PR]

by buttfflow | 2015-06-02 23:09 | Comments(0)

アオバセセリ(3)

 ウスバシロチョウを撮りに牛伏山麓の休耕田。ここでウスバシロの飛翔を狙って待つことしばし。小さなチョウがハルジオンで吸蜜。アオバセセリだ。しばらくロングのレンズで狙う。
a0117305_23163741.jpg
a0117305_23164356.jpg
a0117305_2316485.jpg
a0117305_23165586.jpg

 意外と近寄っても逃げない。そっと近づくとなんとWD10cm以下。こんなに近づいても逃げない。連写だ。
a0117305_23191065.jpg
a0117305_23191619.jpg
a0117305_23192245.jpg
a0117305_2319296.jpg
a0117305_23193867.jpg

 別の連写画像から。
a0117305_23204247.jpg
a0117305_23204849.jpg
a0117305_23205481.jpg

 こんな明るいところで撮れるなんて。毎日のように通ったご褒美なのだろう。やはり少し大きな素子だと拡大しても綺麗だし被写界深度も結構深くで良い。気に入った写真をトリミングで大きくしよう。
a0117305_23261971.jpg

[PR]

by buttfflow | 2015-06-01 23:27 | Comments(2)