花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


オオミドリシジミ


 ミドリシジミには少し早かったけれど近場のオオミドリはどうだろうか。とりあえず探索に出かけた。高崎観音山丘陵の一角のオオミドリが集まるポイント。そこへ向かう山道の開けたところ、もう2頭で卍飛行をしている。とても高くて撮れない。しばらく歩いて着いた目的地、かなり多くの数が飛んでいる。止まるところは背の高さ。V字開翅じゃないと緑は出ない。オオミドリの特徴のある緑もなかなか良いものだ。
a0117305_21092428.jpg
a0117305_21075540.jpg
a0117305_21071567.jpg
 慣れてきたところで卍飛行の写真に挑戦。数が多いのですぐにばらけてしまう。3頭以上になると流れるように飛んでばらける。短い時間では難しいものだ。
a0117305_21080794.jpg
a0117305_21081680.jpg
a0117305_21085783.jpg
 時間とともにテリ張りの場所が変わる。日が高くなると目よりも下に止まる。そうすると全開翅が撮れる。
a0117305_21093891.jpg
a0117305_21094596.jpg
 翌日、場所を変えて牛伏山。ここは管理人さんが来るまでは入れない。したがって時間がない。更に、止まる木が高いので下から撮ることが多い。ミドリのないオオミドリなんて見たくもないと言われそう。
a0117305_21095525.jpg
a0117305_21100341.jpg
 ただここは青空を背景に卍飛行が撮れるのが特徴だ。
a0117305_21102561.jpg
a0117305_21105348.jpg
a0117305_21110752.jpg
a0117305_21111639.jpg

[PR]

by buttfflow | 2017-08-14 21:40 | Comments(0)

ぐんま昆虫の森へ


 続いてぐんま昆虫の森の様子を見に行った。ここの森でもミドリシジミは発生しているはず。冬に卵の写真を撮っている。ハンノキのある川沿いの道を進むがこの時間では見つけにくいのは仕方がない。途中でウグイスカグラの真っ赤な実が綺麗だった。このころ赤くなる実を何でも「グミ」と呼んで食べた記憶がある。懐かしくて写真を撮った。
a0117305_19490630.jpg
 田んぼのある広場に行くとイトトンボが気になった。クロイトトンボのつがいが連なったまま産卵している。下にいるメスは水中に没して産卵している。しばらく見ていると上にいるオスまで潜ってしまった。子孫を残そうとするDNAの力は偉大だ。残念ながら偏光フィルターがないので写らなかった。
a0117305_19500244.jpg
a0117305_19583839.jpg
a0117305_19590057.jpg
 その気になって探すと小さなイトトンボも見えてくる。ここにもキイトトンボがいた。追いかけるとこちらの動きを見透かすように逃げる。少し山の中に入ったところで動きがゆっくりになった。全身黄一色のトンボはなかなか良いと思った。
a0117305_19492043.jpg
a0117305_19493039.jpg
a0117305_19593186.jpg
 戻る途中の林の中でようやくゼフィルスを見つけた。普通のミズイロオナガだ。飛び立つところ撮った。
a0117305_19505729.jpg
a0117305_19510639.jpg
a0117305_19511354.jpg
a0117305_19512233.jpg
 一番下の池、トンボ池でしばらく巡回しているトンボを追いかけたが今回は全敗。そういえば冬にここのヤナギの木でコムラサキの幼虫を見つけた。そろそろ成虫も出てきていい頃だ。奥のヤナギでチョウが飛ぶ。撮ってみたら待望のコムラサキだったが、輝く翅が撮れるほど近くには来てくれなかった。
a0117305_19501425.jpg
a0117305_19502141.jpg
a0117305_19504709.jpg

[PR]

by buttfflow | 2017-08-11 20:20 | Comments(0)

ウラミスジシジミ


 毎年出かけている東毛地区の溜池でミドリシジミを撮りに出かけた。埼玉荒川河川敷の公園では今年はたくさん発生しているとの情報。ここでもたくさん撮れることを期待して早めに出かけてきたが・・・。見られたのは1頭だけ。こんなはずではない。
a0117305_23023731.jpg
 少し移動するとクロコノマチョウがクモの巣に引っかかっている。大物だけにクモは見えない。みんなで写真を撮ってから外した。近くのススキに幼虫の姿がいくつも。とりあえず一枚。かわいい幼虫だ。
a0117305_23025673.jpg
a0117305_23031443.jpg
 この日2度目来たというの近くの人。ウラゴマダラの卵を教えてくれた。
a0117305_23033172.jpg
 近くの葉の上に明るいチョウ。3本の筋が見える。ウラミスジだ。周りの人はアカシジミというが間違いない。飛ばして翅表を見よう。
a0117305_23034456.jpg
a0117305_23035134.jpg
a0117305_23040089.jpg
a0117305_23040847.jpg
a0117305_23042166.jpg
a0117305_23043050.jpg
a0117305_23044471.jpg
a0117305_23045213.jpg
a0117305_23050280.jpg
a0117305_23051507.jpg
a0117305_23052471.jpg
 もう2度飛ばしたときには皆夢中でシャッターを切った。ここでも昔から目撃例はあるが数は少ないという。早起きは三文の得。ほんとだ。 帰りにウラギンシジミ。飛んだところは結構きれいだ。
a0117305_23053361.jpg
a0117305_23054347.jpg

[PR]

by buttfflow | 2017-08-06 23:22 | Comments(2)

小鳥たち at 牛伏山


 牛伏山のモンキアゲハを撮りに出かけた。山頂付近に残るサツキに来ているが、もう撮り飽きた同じような構図ばかりだった。
a0117305_22062537.jpg
 山頂付近で珍しく小鳥が群れている声が聞こえる。その中にここでは初めて聞く「ツキヒホシ ホイホイホイ」。サンコウチョウの声が混ざっている。これは撮るチャンスだ。声を頼りに探すが見つからない。逆光で黒くしか見えないが尾が長い小鳥。+2.7補正でようやくわかる。これはエナガだった。エナガは松の梢で何かを探している。冬にも見た光景だがシルエット気味の姿がかわいい。
a0117305_22074708.jpg
a0117305_22080328.jpg
a0117305_22081422.jpg
a0117305_22082934.jpg
a0117305_22084062.jpg
a0117305_22095090.jpg
 近くで幹を突っつく音。コゲラだ。
a0117305_22103281.jpg
a0117305_22100594.jpg
a0117305_22101670.jpg
 コゲラがいなくなると近くでサンコウチョウの声。見える枝に止まっている。
a0117305_22104503.jpg
 すぐに移動してしまった。どうも尾が短いようだ。雌なのだろうか。別の枝に止まったのが見えた。今度は連写成功。
a0117305_22105426.jpg
a0117305_22110220.jpg
a0117305_22111402.jpg
a0117305_22112221.jpg
a0117305_22113005.jpg
 帰ってから拡大してみると目の周りのブルーが濃い。雄のようだ。若い雄は尾が短いらしい。小鳥と一緒に群れるという。 足利のTさんのHPで同じような若鳥を撮っていた。口笛で呼び寄せたとある。来年は鳴き声を流して呼び寄せて撮ろうと考えている。スマホで声を流せば来るだろうか。
[PR]

by buttfflow | 2017-08-05 22:48 | Comments(2)

ウラクロと一緒に


 ウラクロシジミの飛ぶ前に付近を散策した。道の上をカワトンボが飛んでいるので河原に降りてみるとやはりニホンカワトンボとミヤマカワトンボ。
a0117305_23101097.jpg
a0117305_23102349.jpg
 近くでカワゲラがおぼれている。水棲昆虫でも成虫は陸上昆虫なので溺れることがあるのだ。枝を拾って助けてやるとしばらくして飛び去った。
a0117305_23103758.jpg
 道路わきに生えている雑草の刈りあと。アカタテハが卵を産んでいる。カラムシなのだろうしばらく葉が出てこないだろうに。刈られて残った茎でも同じ化学物質を検知しているのだろう。
a0117305_23110493.jpg
 ルリシジミ、とイチモンジチョウがいた。
a0117305_23113382.jpg
a0117305_23130054.jpg
 しばらくすると同行のHさんがルリシジミと違う飛び方の白いチョウを見つけて呼んでくれた。ミズイロオナガだ。羽化直なのだろう飛ばないと思っていたら飛んだ。
a0117305_23120137.jpg
a0117305_23121354.jpg
 今度はウラナミアカシジミ。目の高さにいる。今年初めてだ。
a0117305_23122113.jpg
a0117305_23123545.jpg
a0117305_23124950.jpg
 少し山の中に入ると結構な種類の虫がいるものだ。車で通りすぎると分からないがゆっくり歩くのがいい。
[PR]

by buttfflow | 2017-08-01 23:33 | Comments(0)