花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ヒメギフチョウ(3)


 ヒメギフチョウはこの時期日当たりのよい地面で暖を取ることが多い。日向ぼっこだ。先ずは撮っておく。証拠写真だ。他に撮れないこともあるからだ。他のチョウでも結構多い。
a0117305_22521303.jpg
a0117305_22520140.jpg
a0117305_22525327.jpg
 また、杉の木の高いところに止まることも多く見かける。夜は杉の梢に上がって寝ているという説があるくらいだ、今回は道路のがけ下から生えている杉の枝に止まっていた。
a0117305_22531099.jpg
a0117305_22532332.jpg
 まだスミレが咲いていない発生初期なのでいろんな花で吸蜜している。水仙でなんて見たことがない。園芸的に進んだ花は蜜が少ない。色につられてやってきたのか。ピントが間に合わない。
a0117305_22510035.jpg
 オオイヌノフグリの小さな花でも吸蜜する。こんなに小さな花に大きなチョウ。吸蜜して口吻を伸ばしたところは撮れない。
a0117305_22511281.jpg
a0117305_22512602.jpg
a0117305_22513706.jpg
a0117305_22524174.jpg
 翌日、曇りだ。なかなか飛ばないが明るくなった時に梅の花で吸蜜。これもなかなか見られない光景だ。
a0117305_22533575.jpg
a0117305_22534161.jpg
a0117305_22535018.jpg
a0117305_22540176.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2017-05-09 23:12 | Comments(2)

ヒメギフチョウ(2)


 ヒメギフチョウでもギフチョウでもやはりカタクリで吸蜜する姿が一番きれいで似合う。今年はカタクリの開花も遅れているので比較的きれいだ。そこに来たヒメギフチョウ。数は少ないがこちらもきれいだ。まだ♂が多いので吸蜜時間が短いようだ。
a0117305_23320286.jpg
a0117305_23321290.jpg
a0117305_23323439.jpg
a0117305_23325230.jpg
a0117305_23330715.jpg
a0117305_23332179.jpg
 そんなときTさんが羽化直後で翅を伸ばしている個体を見つけた。順番に撮ってからもう少しフォトジェニックな花に移して撮った。
a0117305_23335343.jpg
a0117305_23340511.jpg
a0117305_23341706.jpg
 最後に移したのはまだ開花して間もないカタクリ。花の先のほうがくっついたままのカタクリに止まった。意外と長い時間吸蜜していた。開花して直ぐでも蜜は多いのだろうか。
a0117305_23342799.jpg
a0117305_23343746.jpg
a0117305_23344597.jpg
 今年もカタクリとヒメギフチョウが撮れた。良かった。良かった。
[PR]

# by buttfflow | 2017-05-06 23:44 | Comments(0)

ヒメギフチョウ(1)


 4月の天気はめまぐるしく変化した。予定を1週間遅らせて長野県のヒメギフチョウを撮りに出かけた。遅らせたのにヒメギフの発生は早めでメスの発生はまだのようだった。ふもとのソメイヨシノは開花宣言程度の咲きで、ポイントではチョウジザクラが咲きはじめてシダレザクラはいくつか咲いている程度だ。チョウジザクラは良く見ないと咲いているのが分からないほどの桜だが、これにヒメギフチョウが良く来るから不思議だ。吸蜜する時間は短いが次から次へと移ってくれるのでかなりの時間楽しめる。 
a0117305_22550175.jpg
a0117305_22551010.jpg
a0117305_22551773.jpg
a0117305_22554255.jpg
a0117305_22553044.jpg
a0117305_22561236.jpg
a0117305_22555610.jpg
a0117305_22563075.jpg
a0117305_22562207.jpg
a0117305_22570764.jpg
a0117305_22565181.jpg
a0117305_22573027.jpg
a0117305_22571607.jpg
 小さな桜だと翅表も撮れるし、裏からでも花が小さいので邪魔にならないのが良い。立ったまま撮れるので首は多少疲れるが足元を気にしながらの撮影よりも疲れないのも良かった。
[PR]

# by buttfflow | 2017-05-04 23:13 | Comments(0)

コツバメ(2)


 今度はコツバメのポイントに早めに出かけた。何故か暑くなるとテリ張りをやめていなくなってしまう。ピントを合わせてもなかなか飛んでくれないが、脅したりすると真上に素早く逃げるのでじっと待つことにした。エアーの座布団で座って飛ぶのを待った。
a0117305_22312443.jpg
a0117305_22313845.jpg
a0117305_22320247.jpg
a0117305_22321483.jpg
a0117305_22323695.jpg
a0117305_22324881.jpg
 やはり真上ではなくて横に飛んでくれたほうがブルーの翅が良く見える。
a0117305_22325842.jpg
a0117305_22330717.jpg
a0117305_22333046.jpg
a0117305_22334183.jpg
a0117305_22335426.jpg
a0117305_22340623.jpg
a0117305_22341447.jpg
a0117305_22342903.jpg
a0117305_22343957.jpg
a0117305_22344956.jpg
 枚数が多くなったがこれでおしまい。少しはましな画像が撮れたような気がした。まだチャンスはある。
[PR]

# by buttfflow | 2017-05-01 22:44 | Comments(0)

コツバメ(1)


 コツバメは春のチョウ。ギフやヒメギフと並んでスプリングエフェメラルの一つ。春にしか見られない生き物のことだ。名前の由来を調べたことはないがツバメシジミやムラサキツバメのように尾(尾状突起)が長いわけでもないが飛ぶのが早い。早く飛ぶのでツバメなのだろう。秒間10コマの連写で狙ったことはあるが写ったことはない。もう目も手も遅いのでパストを使うしかない。それでも早くて被写体ぶれが多い。何とかきれいな飛翔が撮りたい。
a0117305_22161820.jpg
a0117305_22162796.jpg
a0117305_22163537.jpg
a0117305_22164869.jpg
a0117305_22170146.jpg
a0117305_22173213.jpg
a0117305_22181380.jpg
a0117305_22183679.jpg
 コツバメの吸蜜はアセビやツツジで見たことがあるがこんなに小さいキュウリグサで吸蜜とはびっくり。最後飛ぶ姿はきれいだと思ったが、大きくするとベストではない。ベターだ。
a0117305_22185080.jpg
 こんな枯草の上に止まることも少ない。普通は少し高い場所で雌の来るのを待つ。テリ張りのはずだ。なんとなく撮りにくい。
a0117305_22190326.jpg
a0117305_22192386.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2017-04-30 22:42 | Comments(0)

スギタニルリシジミ’17(4)


 スギタニルリシジミの♀を撮りたくて天気が良いと出かけている。集団吸水しているのは♂ばかり。小さな花で吸蜜しているのも♂ばかりだった。もうそろそろ♀の時期のはずと出かけたが♂ばかり。1週間近くほかのチョウを追っていたのでもういいだろうと出かけたらいた。地面での吸水ではなく葉の上で吸水していた。
a0117305_21512613.jpg
a0117305_21515876.jpg
a0117305_21522646.jpg
a0117305_21530124.jpg
a0117305_21531451.jpg
a0117305_21533592.jpg
a0117305_21534296.jpg
a0117305_21535391.jpg
 撮り終えてみるともう大分擦れている。もっとくっきり輪郭が出ているのにボケている。日が高くなるにつれて高いところに上がって降りてこない。写る範囲の高さで休んでいる♀を見つけた。
a0117305_21541046.jpg
 ♂も葉の上で見られるが飛ぶ姿を見ないと判別できない。
a0117305_21544966.jpg
 ほかに越冬したウラギンシジミの♀が吸水に現れた。♀も吸水に来るんだ。新鮮なサカハチチョウ春型もスギタニオスと一緒に給水している。
a0117305_21550336.jpg
a0117305_21551313.jpg
 飛んでいるのはツマキチョウ♂ばかりが目立った。河原ではもう♀が目立つのに山の中は少し発生が遅れている。
a0117305_21552265.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2017-04-29 22:12 | Comments(0)

スギタニルリシジミ'17(3)


 スギタニルリシジミの雌を撮りたいと何回も出かけたが、いるのは雄ばかり。もう何回もシャターを切ったが今回は飛び立つ瞬間をアップで捉えた。結構濃いブルーを捉えることができた。先ずは集団吸水。ここには12頭が写っていたが14頭を認めた。トラップがきいたのだろう。
a0117305_23080662.jpg
 ここから飛び立った瞬間を狙った。
a0117305_23083112.jpg
a0117305_23084180.jpg
a0117305_23084957.jpg
a0117305_23090380.jpg
a0117305_23091862.jpg
a0117305_23092763.jpg
a0117305_23094016.jpg
a0117305_23102184.jpg
a0117305_23103338.jpg
a0117305_23104410.jpg
a0117305_23105510.jpg
a0117305_23111249.jpg
 輝くブルーの翅が綺麗だ。張り付けした標本では得られないブルーだ。しばらくして吸水する場所が樋掛になるともう終わりになる梅の花で吸蜜する姿が見られた。
a0117305_23112833.jpg
a0117305_23114972.jpg
 梅の花には春の昼飛ぶ蛾のイカリモンガや越冬したキタテハが吸蜜している。
a0117305_23120515.jpg
a0117305_23122148.jpg
 場所を変えると愛車の上に越冬したルリタテハ。意外ときれいだ。
a0117305_23124319.jpg
 また、流れのすぐ上でホバリングするカゲロウ。ピントは難しかったが飛ぶ姿は素晴らしい。
a0117305_23132368.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2017-04-21 23:35 | Comments(2)

カタクリの花(群馬)


 群馬にはカタクリの名所は少なかった。北部の産地でも群落は少ない。ところが高崎の吉井町には群落があった。地元の人と小学校の子供たち管理するようになって数が増えてきた。一緒に生えているキツネノカミソリが増えすぎるのを除去したりしている。シロバナのカタクリがあってこれも有名になった。開花が新聞に載った時シロバナが見られるというので行って見たら見つからない。新聞に載ったその日の夜に採られたらしいが、これがかえって有名にした。スギタニの帰り道なので寄ってみた。
a0117305_20022868.jpg
a0117305_20023988.jpg
a0117305_20031232.jpg
a0117305_20032336.jpg
[#IMAGE|a0117305_20033025.jpg|201704/20/05/|mid|480|339#
a0117305_20034147.jpg
]
a0117305_20035551.jpg
a0117305_20040945.jpg
 群落の写真は簡単に撮れて良いがただシャッターを押すだけ。手入れが行き届いているので場所を選ばなくて良い。
a0117305_20042151.jpg
a0117305_20042911.jpg
 シロバナを3株ほど見つけた。アルビノが2株、アルビノF1が1株だった。
a0117305_20052232.jpg
a0117305_20043631.jpg
a0117305_20045892.jpg
 アルビノF1はアルビノと普通種の交雑体で花の蜜標(蜜がある場所を示す色違いの場所で、カタクリはW字の模様)がアルビノでは黄色なのがF1では紫になっていることが多い。かえって綺麗な場合がある。
[PR]

# by buttfflow | 2017-04-20 20:29 | Comments(0)

スギタニルリシジミ'17(2)


 スギタニルリシジミはキブシやバッコヤナギで吸蜜する姿は見ている。この牛伏山麓でもはるかに高いところでキブシに来ているのは見たことがある。今まで見過ごしていたのだろうか、今頃咲く小さな花で吸蜜する姿を捉えた。先ずはオオイヌノフグリ。ここから飛び立つ姿は青空のようなブルーの競演。大きなチョウよりも似合う姿だ。
a0117305_22252251.jpg
a0117305_22253894.jpg
a0117305_22254990.jpg
 もっと小さな白い花、コハコベにも良く来ている。小さなチョウでも蜜はそんなにないだろうに撮らせてくれた。
a0117305_22260639.jpg
a0117305_22261822.jpg
a0117305_22262855.jpg
a0117305_22264051.jpg
a0117305_22265814.jpg
a0117305_22273566.jpg
 近くにあまり見かけない小さな花。イヌノフグリの仲間だろう。4弁に見える花はゴマノハグサ科だ。最近は頭の繋がりが遅い。ようやく思い出した。変な名前のフラサバソウだ。フランス人の植物学者の2人の名前を取ったようだ。図鑑で由来を見るのも楽しい。また繋がった過去にMさんに説明した花だった。
a0117305_22274811.jpg
a0117305_22275957.jpg
 オオイヌノフグリにテングチョウも吸蜜に来ていた。大きなチョウは撮りやすい。
a0117305_22281204.jpg
 帰りがけの民家の入り口で真っ赤なボケの花にアカタテハ。自分と同じ色はよくわかるのだろう。
a0117305_22282309.jpg
 そういえばスギタニルリシジミも表はブルー、オオイヌノフグリと同系色だ。
[PR]

# by buttfflow | 2017-04-18 22:58 | Comments(0)

スギタニルリシジミ’17(1)


 トラフシジミやコツバメと並んで春一番に現れるシジミチョウのスギタニルリシジミを見に牛伏山麓に出かけた。ポイントにはもう先客。トンボの先生Mさんだ。まだ気温が低いのかちらほら飛んでいるのが見える。しばらく散策しているうちに集団吸水が見られるようになった。まだ大きな集団にはなっていない。
a0117305_22023625.jpg
a0117305_22025256.jpg
a0117305_22030633.jpg
 だんだん増えてきて集団が大きくなった。この日は最大11頭だった。
a0117305_22035073.jpg
a0117305_22034066.jpg
a0117305_22032349.jpg
 集団でいると気が大きくなるのか近づいても飛ばないのがいる。人間の集団心理と一緒か?
a0117305_22042873.jpg
a0117305_22044686.jpg
a0117305_22060608.jpg
 集団が飛び立つところを狙ったが一斉に飛び始めたように見えるがばらばらだ。
a0117305_22054305.jpg
a0117305_22055629.jpg
 こちらに飛んでくるのはやはり少ない。こちらを向いて飛ぶ姿。
a0117305_22061325.jpg
a0117305_22062274.jpg
  
[PR]

# by buttfflow | 2017-04-17 22:22 | Comments(0)