花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
最新のコメント
himeooさん、コメ..
by buttfflow at 17:11
あの俊敏な「コツバメ」を..
by himeoo27 at 16:27
himeoosさん、コメ..
by buttfflow at 22:46
表彰式の時はお世話になり..
by himeoo27 at 12:30
naokiさん、コメント..
by buttfflow at 23:06
文中・・・ヒメヒカゲとか..
by naoki at 17:44
himeooさん、コメン..
by buttfflow at 23:32
クロヒカゲモドキ&ツマジ..
by himeoo27 at 20:25
naokiさん、コメント..
by buttfflow at 23:21
himeooさん、コメン..
by buttfflow at 20:50
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

コツバメ2018-2


 チョウのシーズンたけなわなで画像はたまっているのだが体調不良で休んでしまった。腰の不調が再発。医者に行っても体操しろというだけなので行ってもいない。時間が解決してくれた。 また今回も、コツバメの飛翔だ。以前にも見たがコツバメがカタクリで吸蜜していた。ルリシジミのような小さなチョウがカタクリで吸蜜する場合、飛び出している長い雄しべ、雌しべから蜜源を目指すのではなく花びらから付け根の蜜源へ辿って行くようだ。こつばめの場合は花びらが反り返って籠状になった中に入って籠の中から口吻を伸ばして吸蜜する。花の中にいるので見つけるのは難しい。結構面白い生態だが何を撮ったか分からないのが悩みの種だ。
a0117305_16374260.jpg
a0117305_16375005.jpg
 やはり見つけるのは少し高いところでテリ張りをしているところが見つけやすいし飛ぶところも撮りやすい。
a0117305_16375753.jpg
a0117305_16380314.jpg
a0117305_16381277.jpg
a0117305_16381997.jpg
a0117305_16384556.jpg
a0117305_16385182.jpg
a0117305_16385883.jpg
a0117305_16390640.jpg
a0117305_16392199.jpg
 何回も飛んでもらったが高いところばかりに止まるわけではなかった。
a0117305_16393412.jpg
a0117305_16394948.jpg
 今年は何回か翅表のブルーを撮ることができた。
[PR]

# by buttfflow | 2018-05-18 17:06 | Comments(0)

コツバメ2018


4月の初めそろそろコツバメがでるころといつも見ている山のポイントに出かけた。去年見られた花の上でのテリ張りに今年もいるだろうと期待していたが地面で吸水している姿しか見られない。一面に咲いていたオオイヌノフグリ。今年はパラパラ鹿咲いていない。とりあえず地面から飛び立つ姿を撮った。
a0117305_23260301.jpg
a0117305_23261214.jpg
a0117305_23262052.jpg
a0117305_23262739.jpg
a0117305_23263815.jpg
a0117305_23264605.jpg
a0117305_23265666.jpg
 もっと近くで撮ろうとそっと近づくが向こうも敏感、近づく前に逃げる。止まったのを確認してしばらく置いて更にゆっくり「いざり」前進。ようやくブルーが撮れた。
a0117305_23270602.jpg
a0117305_23271342.jpg
 風が強くなったので林の中のムラサキハナナの咲く河川敷のツマキチョウのポイントへ移動。昔ほど多くはいないが飛び回っている。アルビノの白いムラサキハナナに焦点を合わせて待つこと10数分。やって来た。空中戦連写一発。写っていた。
a0117305_23272380.jpg
a0117305_23273252.jpg
a0117305_23281127.jpg
a0117305_23282876.jpg
 自宅に帰ると鉢植えのタチツボスミレ3種が満開。鉢を並べて撮った。
a0117305_23285062.jpg
 アルビノの白、濃色の紫、珍しいピンクの花だ。いろいろあるがチョウは来てくれない。
[PR]

# by buttfflow | 2018-05-08 23:49 | Comments(2)

スイカの接ぎ木


 去年、小玉スイカの苗を買って来て、這わせる栽培ではなく支柱を立てて登らせる空中栽培をした。花が咲き、実をつけてピンポン玉くらいになってハンモックの上に置いた。どんどん大きくなって夏には美味しく食べられた。
a0117305_23033594.jpg
 3月下旬地温が上がってきたので小玉スイカとカボチャの種を蒔いた。いずれも食べたときの種だ。約1週間でカボチャは芽を出し、スイカは10日過ぎからぼちぼち双葉を上げてきた。現在のカボチャの苗だ。
a0117305_22515759.jpg
 これが双葉から本葉の芽を出した時が接ぎ木のチャンス。カボチャの芽を掻いて双葉の間の片側に切れ込みを入れ、スイカの双葉の下を斜めに切りとり、カボチャの切れ込みに差し込んで形成層を合わせる。たったこれだけのことだけれど緊張した。スイカの発芽がゆっくりなので時間をかけて合計7本。半日蔭において10日経って生着したのは3本。そのうち1本をあげる。アップの写真を見るとスイカの双葉の間から本葉がのぞいている。
a0117305_22521094.jpg
a0117305_22522032.jpg
 失敗したのは双葉の付け根から本葉の芽、あるいはこれが2本、接いだスイカが枯れかかっていたりした。
a0117305_22524681.jpg
a0117305_22525375.jpg
a0117305_22523927.jpg
 因みに購入した接ぎ木苗はもうスイカが本葉を伸ばしている。植え込み時期のようだ。アップを見ると双葉が4枚。上の双葉の間から大きな茎が出ている。
a0117305_22530155.jpg
a0117305_22531145.jpg
 追いつくのは出来ないけれど大きく育っておくれ。初めてやったが木の接ぎ木よりも草のほうが早くて面白そうだ。来年はキュウリに挑戦しよう。
[PR]

# by buttfflow | 2018-05-04 23:35 | Comments(0)

ミヤマカラスアゲハ羽化

 ミヤマカラスアゲハが羽化した。去年の秋に小さな庭で大木になりすぎたキハダにカラスアゲハを卵を産んでいった。終齢になった時に鳥に狙われないように飼育箱に移し蛹化させ、ネットハウスに移した。それ以来ずっと忘れていた。3月の暖かさで羽化したのだろう。とてもきれいなミヤマカラスアゲハだった。鉢植えのキハダもあるが10年も前の実生だが、鉢では直径1cmだが地植えは20cm。こうも違うのだった。大きければこんなのもやってくるのだ。びっくりだ。写真を羅列しよう。
a0117305_22365075.jpg
a0117305_22370197.jpg
a0117305_22371059.jpg
a0117305_22371700.jpg
a0117305_22372443.jpg
a0117305_22373242.jpg
a0117305_22374021.jpg
a0117305_22374972.jpg
a0117305_22375616.jpg
a0117305_22380467.jpg
a0117305_22381319.jpg
a0117305_22382125.jpg
 ミヤマカラスアゲハの羽化直がこんなに綺麗だとは思わなかった。特に前翅のブルーのラインが薄くグラデーションがかかって何とも言えない。その後も羽化は続いたが飛べるようになったら傷つけないように大空に放した。交尾して帰ってこないかな。もうキハダの新芽は出ているよ。
[PR]

# by buttfflow | 2018-04-26 22:58 | Comments(0)

スギタニルリシジミ2018.3


 今年はサクラも早かった。もちろんウメの花も早い。そろそろスギタニの様子を見に行かねばならないが腰が重い。その腰を何とか持ち上げて出かけてみた。もちろんスギタニは結構飛んでいる。去年は轍の跡にたくさん見られたが今年は少ない。暖かい日が多いのでチョウも調子がくるっているのか。オオイヌノフグリとスギタニのブルーの競演を撮りたいと思ってきたがそれどころではない。地面と落ち葉の上ばかりで絵にならない。最後はルリシジミかな? ブルーが明るい。
a0117305_22212538.jpg
a0117305_22214924.jpg
a0117305_22220026.jpg
a0117305_22220967.jpg
a0117305_22221704.jpg
a0117305_22223198.jpg
a0117305_22224522.jpg
a0117305_22225281.jpg
 スギタニはウメにも来ることが多いので探すとキタテハ。と思ったらシータテハ。ここでは珍しい。
a0117305_22231284.jpg
a0117305_22232294.jpg
a0117305_22240463.jpg
a0117305_22235541.jpg
a0117305_22230651.jpg
 ルリタテハも来ている。
a0117305_22242280.jpg
a0117305_22242857.jpg
 越冬種が多い。他にアkタテハ、テングチョウ。撮りたいコツバメやトラフは来ない。トンボまで越冬種だ。オツネントンボ
a0117305_22243510.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2018-04-22 22:40 | Comments(0)

鳥たち201802


 2月の中旬、少しは動かないと腹が出るだけ。3kgも太ってしまった。週2回のテニスだけでは運動不足。そろそろチョウゲンボウがカップルを作るころなので出かけた。上空をいくつか飛んでいるが今使っているカメラはすぐにピントサーチでぼけてしまう。ホバリングして動きの遅くなってようやく撮れた。
a0117305_22592416.jpg
 カップルが決まると巣の近くで止まることが多いがこの時期は梢に良く止まる。
a0117305_22593120.jpg
a0117305_22593865.jpg
a0117305_22594416.jpg
 ここから飛び出したところを捉えたが後ろ向きなのでつまらない。
a0117305_22595522.jpg
a0117305_23000299.jpg
a0117305_23000900.jpg
a0117305_23001813.jpg
 排水溝になっている流れの小さい川からダイサギが飛び出した。小鳥と違ってゆっくりと飛ぶ。ちょうど背景に白い雲。白い背景に白い鳥。好きな構図だ。
a0117305_23003573.jpg
a0117305_23004341.jpg
 帰り際小鳥が群れている。飛ぶところを狙った。残念ながらスズメだった。
a0117305_23005594.jpg
a0117305_23010845.jpg
 車に戻るときツグミが2羽。待つと並んでくれた。
a0117305_23011754.jpg
 しばらくすると日没だ。グラウンドのフェンスにレンズを固定して撮った。最後はデジタルズームで2800mm相当。
a0117305_23012452.jpg
a0117305_23013142.jpg
a0117305_23014042.jpg
a0117305_23014781.jpg
 翌日、新月前の月の朝焼け。
a0117305_23015654.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2018-04-19 23:19 | Comments(0)

ぐんま昆虫の森フォトコン2018


 2018年1月。初日の出を撮りに行こうかと思っていたが寝坊。気が付いた時には日は高いし寒い。この歳になると寒いのは苦手。毎年やっていたウラナミシジミの飼育もフジマメに卵が見つからず断念。そうこうしているうちにぐんま昆虫の森フォトコンの表彰式。いつもの仲間から3人が入賞。表彰式くらい出ないとならない。 少し早めに着いて池の中のハイイロゲンゴロウ。今年も氷が張っていない。数年前にTさんが撮ったという。氷に閉じ込められたハイイロゲンゴロウ。姿を見るだけでいい。表彰式の後はコムラサキの越冬幼虫とゼフの卵探し。コムラサキの幼虫はいつもの川沿いのヤナギ。たくさんの目で探したが老眼には難しい。指導員に効くと目の高さにいるという。やっと見つけた2つ。
a0117305_23141634.jpg
a0117305_23143499.jpg
 ゼフィルスの卵は小さいながらラベルが近くにある。ウラナミアカシジミ。
a0117305_23151627.jpg
オオミドリシジミ。
a0117305_23153882.jpg
ミズイロオナガシジミ。
a0117305_23155450.jpg
自分たちで見つけたミドリシジミ。
a0117305_23160381.jpg
a0117305_23161192.jpg
温室内のツマベニチョウ。
a0117305_23163542.jpg
雑木林には小鳥が群れる。エナガにコゲラ。
a0117305_23162862.jpg
a0117305_23164572.jpg
最後に今年の優秀賞入選。シリアゲコバチの産卵。苦労して10日も通って撮った一枚。
a0117305_23165762.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2018-04-17 23:40 | Comments(2)

コヒオドシ


 今日で去年の画像は終わりにするつもり。もう4月も半ばを過ぎた。今年は異常な暖かさ春のチョウも出そろってしまった。歳のせいで出遅れてはいるが暖かいと庭にもチョウが飛ぶ。こんな時にコヒオドシとは何事かと怒られそうだが去年のベストテンの一つなのでアップする。8月の遠征で松本郊外の山の中。これも撮りたかったチョウだ。スイスアルプスやイギリスのロンドン郊外でも見たグローバルなチョウだ。先ずはグリンデルワルドのアイガーの山麓。
a0117305_00230032.jpg
 イギリスはロンドン南のテームズ川沿いのブッシーパーク。
a0117305_00230890.jpg
 オオゴマシジミを撮ったあと吸蜜に来ていたコヒオドシ。見つけて胸が高鳴る。
a0117305_00203272.jpg
a0117305_00204774.jpg
a0117305_00205484.jpg
a0117305_00210129.jpg
a0117305_00211390.jpg
a0117305_00212595.jpg
a0117305_00215156.jpg
a0117305_00215752.jpg
a0117305_00220998.jpg
a0117305_00222342.jpg
a0117305_00223111.jpg
 また、移って別の花
a0117305_00224305.jpg
a0117305_00225180.jpg
 やってきたミドリヒョウモンに邪魔されてさようなら。
[PR]

# by buttfflow | 2018-04-15 23:30 | Comments(0)

オオゴマシジミ


 もう少しで去年の画像は終わりになる。ゴマシジミ続いて松本市のはずれのオオゴマシジミを見つけに出かけた。ポイント近くの駐車場。もうここにネットマン数人。ゴマシジミは保護され、採集者は罰金300万の標識があちこちにあり、ネットの出しようがない。ところがオオゴマは規制がない。ポイントまで歩くとまたネットマン。聞くと新鮮なのがいたという。どれだけ撮ったか言わない。早めに禁止にしないといなくなる。カーブをいくつか過ぎるとようやく1頭見つける。ヒメキマダラヒカゲと一緒に吸蜜。慌てて撮った。
a0117305_22022785.jpg
a0117305_22023923.jpg
a0117305_22024899.jpg
a0117305_22025896.jpg
 ヒメヒカゲが飛ぶと一緒に飛んだ。少し遠いがまた吸蜜。今度こそ失敗は許されない。何とか飛び出しを捉えた。
a0117305_22030819.jpg
a0117305_22032052.jpg
a0117305_22033039.jpg
a0117305_22034045.jpg
a0117305_22034960.jpg
a0117305_22035662.jpg
 遅れてきた仲間は見られず仕舞い。残念だが仕方がない。この日はこの1頭見ただけ。数年前にはたくさんいたのに。やっぱりここにはいなくなるのか。分かっているのに手の打ちようがない。せいぜい監視員に知らせることくらいしかできない。ゴマシジミの監視に来た松本市の方に知らせた。
[PR]

# by buttfflow | 2018-04-14 23:09 | Comments(2)

ゴマシジミ


 牛伏山で逢った千葉のSさん、夏場は松本にいるという。松本市郊外のゴマシジミは保護されるようになり、青いゴマシジミが多く見られる。何時でも案内するというので出かけた。かつて2回出かけたが青ゴマは見ただけで撮ったのは黒いのばかりだった。今度のポイントはそんなに広くないが展望も良く青空に青いゴマシジミの生える場所だった。
a0117305_23131793.jpg
a0117305_23133369.jpg
a0117305_23134922.jpg
a0117305_23135733.jpg
a0117305_23140340.jpg
a0117305_23141270.jpg
a0117305_23144394.jpg
a0117305_23142394.jpg
a0117305_23143279.jpg
a0117305_23160592.jpg
 近くで咲いている萩にもたくさん集まる。ここでは黒いゴマシジミも結構集まっていた。
a0117305_23144394.jpg
a0117305_23145050.jpg
a0117305_23150310.jpg
a0117305_23151181.jpg
a0117305_23152469.jpg
a0117305_23153223.jpg
 少し上のほうに行くと北アルプスが良く見えるが山頂付近には雲がかかっていた。
a0117305_23161570.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2018-04-09 23:27 | Comments(0)