花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
最新のコメント
himeooさん、コメ..
by buttfflow at 17:11
あの俊敏な「コツバメ」を..
by himeoo27 at 16:27
himeoosさん、コメ..
by buttfflow at 22:46
表彰式の時はお世話になり..
by himeoo27 at 12:30
naokiさん、コメント..
by buttfflow at 23:06
文中・・・ヒメヒカゲとか..
by naoki at 17:44
himeooさん、コメン..
by buttfflow at 23:32
クロヒカゲモドキ&ツマジ..
by himeoo27 at 20:25
naokiさん、コメント..
by buttfflow at 23:21
himeooさん、コメン..
by buttfflow at 20:50
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 1356 )


ミヤマカラスアゲハ(2)


 4月もあとわずかになってそろそろモンキアゲハの季節と思って再び牛伏山へ出かけた。まだいるのはミヤマカラスアゲハが時々通過するのみ。それでもヤマツツジの咲く尾根筋で待つ。ちょうど花が盛りのヤマツツジで吸蜜するミヤマカラスを見つけた。ゆっくり近づき連写。向こうも気が付いていないのかゆっくり飛んでくれた。連写で目いっぱい捉えた。
a0117305_23235234.jpg
a0117305_23241196.jpg
a0117305_23241854.jpg
a0117305_23242758.jpg
a0117305_23243645.jpg
a0117305_23244757.jpg
a0117305_23245619.jpg
a0117305_23250474.jpg
a0117305_23251223.jpg
a0117305_23251994.jpg
a0117305_23252571.jpg
a0117305_23253331.jpg
a0117305_23254740.jpg
 この日撮れたのはこの一頭だけ。それもこちらを向いて飛び上がったため、翅表の輝く姿はほとんど写っていない。ミヤマカラスアゲハは翅裏でもきれいだ。
a0117305_23255849.jpg
a0117305_23260738.jpg
 帰りには麓でノスリが悠々と飛んでいた。
[PR]

by buttfflow | 2018-06-18 23:36 | Comments(0)

ミヤマカラスアゲハ(1)


 牛伏山山麓のコツバメやスギタニルリも終わりに近づいたので今年初めての山頂へ出かけた。もうミヤマカラスアゲハが飛び始めている。山頂から奥の登山道わきにはヤマツツジが咲いている。今が盛りのようだ。しばらく待つとミヤマカラスアゲハがやってくる。いくつかのツツジが見渡せる場所がポイントだ。
a0117305_16555562.jpg
a0117305_16563638.jpg
a0117305_16564674.jpg
a0117305_16565592.jpg
a0117305_16570595.jpg
a0117305_16571235.jpg
a0117305_16571938.jpg
a0117305_16572611.jpg
a0117305_16574047.jpg
a0117305_16574630.jpg
a0117305_16575944.jpg
 山頂手前のテレビ塔わきではアオバセセリが占有飛行を始めている。見慣れた飛び方ではあるが、小さいのにスピードがあり、さらには急角度で曲がる。とりあえず写った画像は不満だが披露しよう。
a0117305_16583114.jpg
a0117305_16583870.jpg
a0117305_16584548.jpg

[PR]

by buttfflow | 2018-06-16 17:08 | Comments(0)

スギタニルリシジミ♀


 4月の中旬、スギタニルリシジミは最盛期の筈なのにいない。コツバメが吸水している。少し湿った地面の吸水。地面に溶け込んで飛び立たないと分からない。
a0117305_23304444.jpg
a0117305_23305126.jpg
a0117305_23305878.jpg
 飛び立つところを見ると青く輝く姿が綺麗だ。雌なのか。
a0117305_23310778.jpg
a0117305_23311488.jpg
a0117305_23312062.jpg
 スギタニルリシジミが葉の上で休んでいたのを見つけた。コツバメのようにブルーが濃い。どうやらメスのようだ。
a0117305_23313217.jpg
a0117305_23313974.jpg
a0117305_23314723.jpg
a0117305_23315599.jpg
 地面で吸水しているスギタニも輝きが濃い。帰ってからPCで見るとオスのようだ。
a0117305_23320311.jpg
a0117305_23320945.jpg
a0117305_23321741.jpg
 今年はサクラと同じように季節の進むのが早いようだ。
[PR]

by buttfflow | 2018-06-13 23:46 | Comments(0)

チョウゲンボウの飛翔


4月の中旬、チョウゲンボウの子育てを見に出かけた。まだ、抱卵中なのか出入りは少ない。こちらを向いて止まっているのがこちら側に飛び立った。今まで後ろ向きに撮ったのは何回もあったが、向かってくる飛び方を撮るのは初めてだ。
a0117305_23214450.jpg
a0117305_23215970.jpg
a0117305_23220821.jpg
a0117305_23222062.jpg
a0117305_23223070.jpg
a0117305_23224148.jpg
a0117305_23224866.jpg
a0117305_23225501.jpg
a0117305_23230348.jpg
a0117305_23231138.jpg
a0117305_23232887.jpg
 これを全部まとめてみるとこんな感じになった。
a0117305_23233558.jpg

[PR]

by buttfflow | 2018-06-03 23:31 | Comments(0)

ヒメギフチョウ2018-2


 ヒメギフチョウの続き。午後からだんだん風が強くなり、カタクリの花に来るチョウの数がだんだん少なくなる。早めに撮らないと撮れなくなる。もういいかなと思っていると飛んでくる。姿を見ると撮りたくなる。
a0117305_20473658.jpg
a0117305_20474463.jpg
a0117305_20475497.jpg
a0117305_20480251.jpg
a0117305_20481000.jpg
a0117305_20481806.jpg
a0117305_20482719.jpg
a0117305_20483458.jpg
a0117305_20484200.jpg
a0117305_20485089.jpg
a0117305_20485895.jpg
 カタクリの群生地を離れて山道を行くとどんどん上がっていくヒメギフ。まだ芽が出ていない遥か梢に止まった。望遠で探すのが大変。ようやく捉えた一枚。露出は+2補正。
a0117305_20490641.jpg
 最後に枝垂れ桜でしばらく待つがヒメギフは来ない。代わりにルリシジミを撮った。
a0117305_20491356.jpg

[PR]

by buttfflow | 2018-05-29 21:01 | Comments(0)

ヒメギフチョウ2018-1


 今年のヒメギフチョウは枝垂れ桜の吸蜜シーンが撮りたいと思ってきたが、残念ながら枝垂れ桜には来なかった。別な日にチョウジザクラには現れたと聞くがこの日には見ていない。青空と桜とヒメギフがなんとなく頭の中に描いて来たのだが願いはかなわなかった。やはり定番のカタクリにはたくさん来ていた。
a0117305_22392812.jpg
a0117305_22393537.jpg
a0117305_22394232.jpg
a0117305_22395033.jpg
a0117305_22395879.jpg
a0117305_22400608.jpg
a0117305_22401384.jpg
a0117305_22402222.jpg
a0117305_22402976.jpg
a0117305_22403668.jpg
a0117305_22404565.jpg
a0117305_22405384.jpg
a0117305_22410238.jpg
a0117305_22411170.jpg
a0117305_22413636.jpg
a0117305_22414373.jpg
a0117305_22415091.jpg
 カタクリに来たチョウの羅列でおしまい。
[PR]

by buttfflow | 2018-05-26 22:48 | Comments(0)

コツバメ2018-2


 チョウのシーズンたけなわなで画像はたまっているのだが体調不良で休んでしまった。腰の不調が再発。医者に行っても体操しろというだけなので行ってもいない。時間が解決してくれた。 また今回も、コツバメの飛翔だ。以前にも見たがコツバメがカタクリで吸蜜していた。ルリシジミのような小さなチョウがカタクリで吸蜜する場合、飛び出している長い雄しべ、雌しべから蜜源を目指すのではなく花びらから付け根の蜜源へ辿って行くようだ。こつばめの場合は花びらが反り返って籠状になった中に入って籠の中から口吻を伸ばして吸蜜する。花の中にいるので見つけるのは難しい。結構面白い生態だが何を撮ったか分からないのが悩みの種だ。
a0117305_16374260.jpg
a0117305_16375005.jpg
 やはり見つけるのは少し高いところでテリ張りをしているところが見つけやすいし飛ぶところも撮りやすい。
a0117305_16375753.jpg
a0117305_16380314.jpg
a0117305_16381277.jpg
a0117305_16381997.jpg
a0117305_16384556.jpg
a0117305_16385182.jpg
a0117305_16385883.jpg
a0117305_16390640.jpg
a0117305_16392199.jpg
 何回も飛んでもらったが高いところばかりに止まるわけではなかった。
a0117305_16393412.jpg
a0117305_16394948.jpg
 今年は何回か翅表のブルーを撮ることができた。
[PR]

by buttfflow | 2018-05-18 17:06 | Comments(0)

コツバメ2018


4月の初めそろそろコツバメがでるころといつも見ている山のポイントに出かけた。去年見られた花の上でのテリ張りに今年もいるだろうと期待していたが地面で吸水している姿しか見られない。一面に咲いていたオオイヌノフグリ。今年はパラパラ鹿咲いていない。とりあえず地面から飛び立つ姿を撮った。
a0117305_23260301.jpg
a0117305_23261214.jpg
a0117305_23262052.jpg
a0117305_23262739.jpg
a0117305_23263815.jpg
a0117305_23264605.jpg
a0117305_23265666.jpg
 もっと近くで撮ろうとそっと近づくが向こうも敏感、近づく前に逃げる。止まったのを確認してしばらく置いて更にゆっくり「いざり」前進。ようやくブルーが撮れた。
a0117305_23270602.jpg
a0117305_23271342.jpg
 風が強くなったので林の中のムラサキハナナの咲く河川敷のツマキチョウのポイントへ移動。昔ほど多くはいないが飛び回っている。アルビノの白いムラサキハナナに焦点を合わせて待つこと10数分。やって来た。空中戦連写一発。写っていた。
a0117305_23272380.jpg
a0117305_23273252.jpg
a0117305_23281127.jpg
a0117305_23282876.jpg
 自宅に帰ると鉢植えのタチツボスミレ3種が満開。鉢を並べて撮った。
a0117305_23285062.jpg
 アルビノの白、濃色の紫、珍しいピンクの花だ。いろいろあるがチョウは来てくれない。
[PR]

by buttfflow | 2018-05-08 23:49 | Comments(2)

スイカの接ぎ木


 去年、小玉スイカの苗を買って来て、這わせる栽培ではなく支柱を立てて登らせる空中栽培をした。花が咲き、実をつけてピンポン玉くらいになってハンモックの上に置いた。どんどん大きくなって夏には美味しく食べられた。
a0117305_23033594.jpg
 3月下旬地温が上がってきたので小玉スイカとカボチャの種を蒔いた。いずれも食べたときの種だ。約1週間でカボチャは芽を出し、スイカは10日過ぎからぼちぼち双葉を上げてきた。現在のカボチャの苗だ。
a0117305_22515759.jpg
 これが双葉から本葉の芽を出した時が接ぎ木のチャンス。カボチャの芽を掻いて双葉の間の片側に切れ込みを入れ、スイカの双葉の下を斜めに切りとり、カボチャの切れ込みに差し込んで形成層を合わせる。たったこれだけのことだけれど緊張した。スイカの発芽がゆっくりなので時間をかけて合計7本。半日蔭において10日経って生着したのは3本。そのうち1本をあげる。アップの写真を見るとスイカの双葉の間から本葉がのぞいている。
a0117305_22521094.jpg
a0117305_22522032.jpg
 失敗したのは双葉の付け根から本葉の芽、あるいはこれが2本、接いだスイカが枯れかかっていたりした。
a0117305_22524681.jpg
a0117305_22525375.jpg
a0117305_22523927.jpg
 因みに購入した接ぎ木苗はもうスイカが本葉を伸ばしている。植え込み時期のようだ。アップを見ると双葉が4枚。上の双葉の間から大きな茎が出ている。
a0117305_22530155.jpg
a0117305_22531145.jpg
 追いつくのは出来ないけれど大きく育っておくれ。初めてやったが木の接ぎ木よりも草のほうが早くて面白そうだ。来年はキュウリに挑戦しよう。
[PR]

by buttfflow | 2018-05-04 23:35 | Comments(0)

ミヤマカラスアゲハ羽化

 ミヤマカラスアゲハが羽化した。去年の秋に小さな庭で大木になりすぎたキハダにカラスアゲハを卵を産んでいった。終齢になった時に鳥に狙われないように飼育箱に移し蛹化させ、ネットハウスに移した。それ以来ずっと忘れていた。3月の暖かさで羽化したのだろう。とてもきれいなミヤマカラスアゲハだった。鉢植えのキハダもあるが10年も前の実生だが、鉢では直径1cmだが地植えは20cm。こうも違うのだった。大きければこんなのもやってくるのだ。びっくりだ。写真を羅列しよう。
a0117305_22365075.jpg
a0117305_22370197.jpg
a0117305_22371059.jpg
a0117305_22371700.jpg
a0117305_22372443.jpg
a0117305_22373242.jpg
a0117305_22374021.jpg
a0117305_22374972.jpg
a0117305_22375616.jpg
a0117305_22380467.jpg
a0117305_22381319.jpg
a0117305_22382125.jpg
 ミヤマカラスアゲハの羽化直がこんなに綺麗だとは思わなかった。特に前翅のブルーのラインが薄くグラデーションがかかって何とも言えない。その後も羽化は続いたが飛べるようになったら傷つけないように大空に放した。交尾して帰ってこないかな。もうキハダの新芽は出ているよ。
[PR]

by buttfflow | 2018-04-26 22:58 | Comments(0)