花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


イワサキタテハモドキ

 迷蝶として石垣島などで見られるイワサキタテハモドキの蛹を頂いた。この寒さの中羽化した。
a0117305_23321450.jpg
a0117305_23322290.jpg
a0117305_23322991.jpg
a0117305_23324227.jpg

 ぐんま昆虫の森で見たことがあるが、擦れた個体で絵になるような画像は得られなかった。今回室内で撮ったがなかなか難しい。夜にLEDの照明では太陽光ではでは見られない輝きが見えた。
 翅表はタテハモドキのような目玉模様は小さながら後翅に5つ並んでいる。
a0117305_23392761.jpg
a0117305_23393745.jpg

 逆光で撮ると外縁が白く輝ききれいだ。渋い色合いだがなかなか味わいのある蝶だ。台湾でも迷蝶とされているようでフィリピンあたりからの飛来のようだ。これも温暖化なのだろうか。
[PR]

by buttfflow | 2013-10-30 23:46 | Comments(0)

ぐんま昆虫の森

 ぐんま昆虫の森のフォトコンテストの応募作品を持参した。今回上田からも参加して4名11枚の応募であった。このうちいくつ12月に電話が入るのか楽しみである。久しぶりに一番奥の池まで歩いたが同行のHさんとはぐれた。池に近づくと大声が聞こえ、向こうも焦っていた様子であった。。チョウの姿は少ないがボランティアのAさんからアワブキの木の場所を教わり1m位の幼木にはまだ終令幼虫がいた。
a0117305_015425.jpg

 資料室にいた蛹を思い出しこれも撮らせてもらった。
a0117305_0155171.jpg

 今頃はアザミにアサギマダラが来ているというが居たのはホシホウジャク。少しスローの1/1250で翅の先が動いているのを狙った。
a0117305_016125.jpg
a0117305_0161893.jpg

 まだ咲き残っているヒャクニチソウにアカタテハ。背景のコスモスがボケて綺麗だった。
a0117305_0163577.jpg

 温室は暖房がなくとも晴れると暑い。レンズが曇った。温室内で自然繁殖したタイワンキチョウの数が多い。
a0117305_0164779.jpg
a0117305_016534.jpg
a0117305_01705.jpg

 八重山では少なくなったカバタテハが元気だった。
a0117305_017218.jpg
a0117305_0172838.jpg

 
[PR]

by buttfflow | 2013-10-28 23:37 | Comments(2)

ウラナミシジミ(3)

 台風が来て寒くなった。チョウがいない。幼虫や蛹はまだいろいろ見つかるが、当然飛んでくれない。飛んでいるのはにっくきツマグロヒョウモン、キタキチョウ、キタテハ、ヤマトシジミにウラナミシジミ。またウラナミか。でも懲りずにウラナミを出す。卵を産みに来るときは撮りやすい。
a0117305_22564150.jpg

 尾状突起もあってきれいだと思うと♂チョウだ。飛び回って疲れると止まってまた♀が来るのを待つ。後翅裏面の太い白帯の外縁部の下の褐色部が狭いのが♂だ。
a0117305_2305762.jpg
a0117305_231740.jpg
a0117305_2311383.jpg
a0117305_2312174.jpg
a0117305_2313644.jpg
a0117305_23145100.jpg

 ♀チョウは産卵場所を探して放浪してきたのだろう擦れた個体が多い。これでもかと卵を産んでいく。
 マメの横にあるブッドレアにはホシホウジャクが良く来る。ホバリングして蜜を吸う。高速シャッターでないと翅が止まらない。1/3200だった。
a0117305_235584.jpg
a0117305_236479.jpg

 朝起きたら弱い霧雨だった。昨日の夕方から止まっていた赤とんぼが露だらけ。翅が乾いたら飛んで行ってしまった。
a0117305_238156.jpg
a0117305_2382276.jpg

[PR]

by buttfflow | 2013-10-24 23:09 | Comments(2)

ウラナミシジミ(2)

 天気のいい時にはウラナミシジミはたくさん飛んでくる。もうヤブツルアズキの花は終り、栽培の小豆も収穫時期だ。フジマメからどんな匂いが出るのか良く集まる。雄は結構新鮮なのが多いが雌は擦れた個体が多い。産卵場所を探してようやくたどり着いたのかな。飛翔は花に焦点を合わせて近づいてくる雌チョウが撮りやすい。多少傷んだ翅でも動きを入れたスローで撮れば許せる画像になるだろう。
a0117305_22382595.jpg
a0117305_22383147.jpg
a0117305_22384123.jpg
a0117305_2238491.jpg
a0117305_22385749.jpg
a0117305_2239525.jpg
a0117305_22392928.jpg
a0117305_22393578.jpg

 半逆光で暗い背景で撮るとかなりきれいに見える。翅の先のほうが揺れている。これで新鮮個体ならいうことないのだけれど・・・。
a0117305_2243268.jpg
a0117305_2243738.jpg
a0117305_22431986.jpg

 コンデジの連写も良いがロングで高速シャッターで止めてみた。
a0117305_22442325.jpg
a0117305_22443788.jpg
a0117305_22444217.jpg

 うまく止まると背景が明るいのも良いし、暗いのも浮き上がって見えて良い。
[PR]

by buttfflow | 2013-10-21 22:47 | Comments(0)

ウラナミシジミ(1)

 今年もウラナミシジミがやってきている。フジマメと藪になったヤブツルアズキに寄ってくるようだ。フジマメは少し遅くなったのでヤブツルの蕾に産んで行った。ところが豆の莢は細くて中には入れないので豆の外にへばりついている。
a0117305_1733072.jpg

 莢の中にいると思ったら蛾の幼虫のようだ。
a0117305_1734269.jpg

 フジマメの花や蕾にはたくさんの卵がある。これが皆チョウになったらすごい数になる。インゲンマメで育てるのは2令くらいになってから移している。
a0117305_1735465.jpg
a0117305_174893.jpg
a0117305_1741660.jpg

 花の中の幼虫はいろんな大きさがある。
a0117305_175592.jpg
a0117305_1751787.jpg

a0117305_178757.jpg
a0117305_1782433.jpg

 莢にあいた穴には幼虫がもぐりこんでいる。頭隠して尻隠さずの状態も結構多いようだ。かなり固くなり黒くなった豆を食べている幼虫もいる。豆の中は柔らかいのだろう。
a0117305_1754690.jpg
a0117305_1755260.jpg
a0117305_176211.jpg

終令幼虫はインゲンマメで大きくなり蛹になって転がっている。
a0117305_1710418.jpg


 
[PR]

by buttfflow | 2013-10-18 17:13 | Comments(0)

我が家のチョウ10月

 今年は庭のブッドレアが2m以上に大きくなった。10月というのに花盛りでいろんなチョウが訪れている。アゲハ、キアゲハ、ツマグロヒョウモンについ先ごろまで来ていたミドリヒョウモン。これらは普通過ぎて撮るのを忘れた。最近来たのにアオスジアゲハ。これは鉢植えのクスノキが大きくなったせいもあるのだろうが、晴れているときにはよく見る。シャッタースピードを落として羽ばたく姿を撮るがボケ具合が難しい。静止がほうが楽できれいだ。
a0117305_21545528.jpg
a0117305_2155124.jpg

 クスノキを見ると卵ではなくて終令幼虫の2頭の幼虫がいた。
a0117305_21565267.jpg

 ヤマトシジミに交尾にもう1頭がチョッカイを出している。そのうち諦めたようだ。
a0117305_2244031.jpg
a0117305_2244835.jpg

 先日クロアゲハが来たときカラスザンショウの幼木に卵を産ませた。これが終令になって坊主になってしまったのでミカンに移した。かなりの数になる。 
a0117305_2253146.jpg
a0117305_2254234.jpg

 ウラナミシジミもフジマメにつられてやってきている。雌と雄だ。
a0117305_2283984.jpg
a0117305_2284938.jpg

 エノキの幼木のアカボシの幼虫は暑い時や雨の跡など葉の上の台座で伸び上っている。背筋を鍛えているような格好だ。
a0117305_22121762.jpg

[PR]

by buttfflow | 2013-10-16 22:15 | Comments(1)

アカボシに寄生

 夏に刈り込んでおいたエノキの幼木。9月になって新葉がが出てそこに幼虫。アカボシゴマダラが庭に来ていたのを見たがまさか50cmの木に産むとは思わなかった。今全長2cm位になっている。
a0117305_233867.jpg
a0117305_2331571.jpg

 埼玉中部の山麓で見つけたアカボシの卵、黒くておかしいと思ったがやはりハチが出てきた。
a0117305_2361083.jpg
a0117305_2362654.jpg
a0117305_2363782.jpg

 ハチが出てきた穴あきの卵。これに数匹が入っていたとは驚きだ。
a0117305_23112920.jpg
a0117305_23114033.jpg

 チョウの卵に寄生するタマゴコバチだ。ゴマダラやオオムラサキでは見たことがないが似たような卵だから寄生もあるかもしれない。それにしてもこんな小さなハチが冬越しはしないので他のチョウの卵にもう一回産卵するのだろう。
 そういえば今年の春にゴマダラの幼虫から出てきた寄生バエが羽化していた。
a0117305_2313121.jpg
a0117305_23131215.jpg
a0117305_23132393.jpg

 これはハエの繭だ。春に戻そうととしたらこんな繭がゴロゴロ。集めて小さな容器に入れておいたら夏を超えて羽化した。
 これらの寄生がいるから爆発的には増えないのだろう。アカボシももう少し観察が必要だろう。
[PR]

by buttfflow | 2013-10-13 23:20 | Comments(0)

ツマグロキチョウ羽化

 8月にツマグロキチョウの産卵シーンを撮った際に卵をいくつか持ってきた。それが孵化、幼虫期を経て無事蛹になった。
a0117305_231551.jpg
a0117305_23152367.jpg

 しばらくするとかなり大きくなった。キタキチョウにかなり似ている。
a0117305_23153748.jpg
a0117305_23154325.jpg

 途中台風の雨で葉が落ちて蛹が心配だったが無事で枯葉にぶら下がっていた。
a0117305_2316252.jpg

 9月下旬出かけて帰ってきたときには羽化しそうな様子なので室内でカメラを準備した。待つこと5時間。気がついた時にはもう翅を伸ばし始めていた。
a0117305_23204283.jpg
a0117305_23205196.jpg

 白い背景の室内は難しい。もう一頭は黒い背景を準備した。日付が変わってウチウトしたらやはりもう翅を伸ばしていた。
a0117305_23224923.jpg
a0117305_23225910.jpg

 昼になるとウラナミシジミがようやくフジマメに来ていた。
a0117305_23252182.jpg
a0117305_23253344.jpg

 吸蜜したのはヤブツルアズキの黄色い花であった。
a0117305_23254235.jpg
 
[PR]

by buttfflow | 2013-10-10 23:30 | Comments(0)

クロツバメシジミ

 長野の松本から白馬にかけてクロツバメシジミとミヤマシジミの棲息地が多い。ノッペ山荘での会話で有名なところは採集者が入っているとのこと。高瀬川の堤防は探せば結構見つかるという。そういえば松本から大町に向かう途中で道路わきにツメレンゲの花穂をみたことがあった。
 そこは河川敷が刈られて堤防の土手も比較的綺麗だった。ツメレンゲは多いところと少ないところがあり、すぐにクロツを見つけた。
a0117305_22435692.jpg

 止まっているのはビロードモウズイカ。最近増えてきた外来の大型雑草。しばらく進むとツルマンネングサが一面にある。ツメレンゲと同じベンケイソウ科キリンソウ属の多肉植物。これも食草だが産卵は初めて見る。
a0117305_22515257.jpg
a0117305_2252666.jpg
a0117305_22521774.jpg

 近くで交尾を見た。2頭が近寄ったと思う間に成功。なかなか素早い。
a0117305_22525987.jpg

 やはりクロツはツメレンゲに止まっているのが定番で良い。
a0117305_22535675.jpg

 近くにキクイモの群生。黄色の花が鮮やかだ。ここにはウラナミシジミやヒメアカタテハ。ウラナミは逆光でブルーに輝く鱗毛が見えるが撮ったのはこの程度。
a0117305_22545729.jpg
a0117305_225571.jpg
a0117305_22552473.jpg

 マツバギクの赤い花。コマツナギは見当たらないがミヤマシジミ。いずれも雄ばかり。雌は産卵でいないのか。
a0117305_22554135.jpg
a0117305_22554955.jpg

 この距離になると日帰りでは2ヶ所で十分。差し入れのノンアルビールで乾杯だ。ありがとう。
[PR]

by buttfflow | 2013-10-07 23:08 | Comments(2)

大町のアサギマダラ

 遅いとは分かっていたが大町郊外のノッペ茶屋のアサギマダラを見に行ってきた。久しぶりに古川夫妻にお会いした。アサギには遅いと云われたが仕方がない。群飛は諦め鹿島槍に飛ぶアサギの合成写真と逆光の太陽に向かうアサギを狙った。
a0117305_23593198.jpg
a0117305_2359414.jpg
a0117305_23595513.jpg
a0117305_00277.jpg
a0117305_00928.jpg
a0117305_001888.jpg
a0117305_002636.jpg

 順光だとアサギは普通にきれいだ。
a0117305_01299.jpg
a0117305_014083.jpg

 信州でアサギのマーキングを熱心にやっているMさんのマーキング個体。マーキングばかりになると帰る時間。
a0117305_015658.jpg

 裏の小さな池でトノサマガエル。いくつもが飛び込む。
a0117305_052093.jpg

 数年前に持ち込んだサクラタデ。今も元気だ。我が家でもこの花にはチョウが少ない。珍しくチャバネセセリだ。
a0117305_0295958.jpg

 古川さんの好きな鹿島槍の双耳峰にアサギを合成した。古川さんが見たいという五竜から撮った昔の写真(1967年10月)
a0117305_0305747.jpg
a0117305_031720.jpg

[PR]

by buttfflow | 2013-10-03 23:53 | Comments(2)