花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


モンキアゲハとヒガンバナ(4)

 ヒガンバナとモンキアゲハはまだまだ続きます。蝶友のTのHPでたくさんの画像を出していました。見習ってもう飽きたと思われてくらいに画像をアップします。シロバナヒガンバナの写真を撮ってもう目的は達したのだが、せっかく来たのだから時間まで撮ろうと赤いヒガンバナの小径に戻った。
a0117305_2311680.jpg
a0117305_23111512.jpg
a0117305_23113343.jpg
a0117305_23115142.jpg
a0117305_23115786.jpg

 もう1頭がやってきて2頭となってにぎやかになった。またも撮りまくりだ。
a0117305_23125872.jpg
a0117305_2313980.jpg
a0117305_23132117.jpg
a0117305_23132965.jpg
a0117305_2313373.jpg
a0117305_23134576.jpg
a0117305_23135263.jpg

 今日はこれでおしまい。
[PR]

by buttfflow | 2016-11-29 23:16 | Comments(0)

モンキアゲハとヒガンバナ(3)

 車の置いてあるシロバナヒガンバナの前でしばらく待ったが来ないので脇の山道を上がった。途中で山野草を見ながら行くとユズの木にクロアゲハ。メスが産卵に来たらしい。ここで暇つぶしをしながらまた戻った。シロバナヒガンバナにモンキアゲハが来ているじゃないか。慌ててSSを確認して撮りまくる。とにかくピントと数だ。ブラケットやめて高速連写(9枚/秒)に切り替えてシャッターを押しまくった。
a0117305_23173351.jpg
a0117305_23174378.jpg
a0117305_2318676.jpg
a0117305_2318172.jpg
a0117305_23183116.jpg
a0117305_2318383.jpg
a0117305_23184561.jpg
a0117305_23185275.jpg
a0117305_2319268.jpg
a0117305_23191475.jpg
a0117305_23192278.jpg
a0117305_23201833.jpg
a0117305_23202656.jpg
a0117305_23203612.jpg
a0117305_23205033.jpg
a0117305_23205712.jpg
a0117305_2321683.jpg

 これだけ撮ったらさすがにモンキアゲハも去って行った。ありがとさん。Tさん、後から来たMさんと握手。まだ数の少ないシロバナにモンキアゲハ。赤も良いけれど今や普通。希少価値が違う。我が家のシロバナやキバナにはクロアゲハも来ない。
まだまだ続きます。
[PR]

by buttfflow | 2016-11-27 23:26 | Comments(0)

モンキアゲハとヒガンバナ(2)

 赤いヒガンバナの続く小径は、もう住む人のいなくなった廃屋の前は上も下も見張らせる広場。ここで待っているとまたモンキアゲハがやってくる。近くまで飛ぶように行き、安全距離からゆっくりと近づきカメラを向ける。今回はかなり擦れたチョウだ。それでも片側から撮ると擦れているようには見えない。
a0117305_2393412.jpg
a0117305_2395296.jpg
a0117305_2395972.jpg

 左の前翅が破れて絵にならない。これをスローで撮ると翅がぶれて擦れが分からなくなるので思い切って1/50で撮った。動きのある写真になってなかなか良い。1/40ではもっと動いて見える。
a0117305_23115546.jpg
a0117305_2312495.jpg
a0117305_23122919.jpg
a0117305_23124412.jpg

 さらにスローにして撮ると動きの激しい前翅が消えて後翅だけが見える奇妙な写真となった。1/25では遅すぎるようだ。
a0117305_23144756.jpg
a0117305_23145432.jpg

 赤いヒガンバナの咲く小径は結構楽しめる場所だ。
a0117305_2316926.jpg
a0117305_23161688.jpg

[PR]

by buttfflow | 2016-11-26 23:23 | Comments(0)

モンキアゲハとヒガンバナ(1)

 毎年秋には必ず訪れるヒガンバナの里。普通は埼玉の巾着田だろうが、あそこは花も多いが人も多い。たとえチョウが来てもチョウのところへ辿りつけない。でもここでモンキアゲハを撮ってからチョウの写真に病みつきになった場所だが有名になりすぎて×。足利の里山風景の中のヒガンバナが良いので毎年通っている。蝶友のTさんからTELがあり、シロバナヒガンバナにモンキアゲハが来ているから早めに来いという。翌日すぐに出かて案内してもらった。まずは赤い普通のヒガンバナにモンキアゲハ。ユズのある里山の道に咲くヒガンバナ。しばらく待つともうやってきた。
a0117305_2321264.jpg
a0117305_23213899.jpg
a0117305_23214826.jpg
a0117305_2322561.jpg
a0117305_23222322.jpg
a0117305_23223240.jpg
a0117305_23224010.jpg
a0117305_23225327.jpg
a0117305_2323396.jpg
a0117305_23231345.jpg
a0117305_23232150.jpg
a0117305_23233468.jpg

[PR]

by buttfflow | 2016-11-25 23:25 | Comments(2)

ミヤマシジミ

 河川敷にはコマツナギも結構生えている。そこにはミヤマシジミがいる。この点が神流川のコマツナギと異なるところ。あまり手入れをしないほうが良いのだろうか。ツマグロキチョウの吸水ポイントにもミヤマシジミが来ていた。新鮮な個体だった。
a0117305_22464150.jpg

a0117305_22464968.jpg

 近くのコマツナギにも雄チョウが来ていた。いずれもブルーのきれいなチョウだ。
a0117305_2247073.jpg
a0117305_2247864.jpg

a0117305_22481217.jpg
a0117305_22482454.jpg

 ギンイチモンジセセリの新鮮な個体がいた。
a0117305_22491546.jpg
a0117305_22492263.jpg
a0117305_22493011.jpg
a0117305_22494095.jpg

 この河原にはアイヌハンミョウがいるという。これだろうか。頭だけでは名は不明。次回はいつだろうか。
a0117305_22502564.jpg

 ミヤマハンミョウは見たことがあり同定できた。
a0117305_22512354.jpg

 ミヤマチャバネセセリも吸蜜に来ていた。どうもここは「ミヤマ」と付く虫が多いようだ。
a0117305_22525572.jpg
a0117305_2253466.jpg

 ミヤマアカネ。トンボもミヤマだ。
a0117305_22564258.jpg

[PR]

by buttfflow | 2016-11-22 22:56 | Comments(2)

シルビアシジミ

 同じ鬼怒川の河川敷にいるシルビアシジミ。このチョウの食草ミヤコグサが草刈りや外来の植物の繁茂で危機に瀕しているの去年見た。そこでいくつかのミヤコグサの苗を植えてきた。これは下流の生息地の種で増やしたものだ。シルビアの保護地に行ってみると前回よりもミヤコグサは増えていて、新しい保護地もできていた。去年の増水で危機感を抱いたのだろう。ヤマトシジミに混ざって数頭のシルビアを撮ることができた。
a0117305_23658100.jpg
a0117305_237646.jpg
a0117305_2371486.jpg
a0117305_2372998.jpg
a0117305_2374627.jpg
a0117305_2375455.jpg
a0117305_238911.jpg
a0117305_238262.jpg
a0117305_2383922.jpg

 ミヤコグサの葉を探すと卵があった。細々と命をつないでいるようだ。
a0117305_239566.jpg

 この帰りに保護する会の会長さんと逢ったがミヤコグサの繁殖法を知らなかったようで、種で増えることを知らせた。難しい花は最新の繁殖法だいいかもしれないが、雑草のような花は実生が一番なのだ。
[PR]

by buttfflow | 2016-11-19 23:18 | Comments(2)

ツマグロキチョウ

 昨年の大雨で鬼怒川下流は氾濫。もう少し上流のツマグロキチョウやシルビアシジミの生息地はどうなったのだろう。というわけでさくら市に出かけた。帰り際に保護する会の会長さんとお会いして聞いたところもう少しで決壊まで行ったが大丈夫だったとの事。それにしても堤防ぎりぎりの水でもチョウは生きていたらしい。自然は強いものだ。
 ツマグロキチョウはたくさんあるカワラケツメイに産卵して元気だ。キタキチョウと一緒に給水する姿が見られた。いつものいざり寄りで近づき、ゆっくりと狙った。
a0117305_22523054.jpg
a0117305_22523967.jpg
a0117305_22524642.jpg
a0117305_22525316.jpg
a0117305_2253051.jpg

 吸水しているところに集まってくるのを撮ったが、気に入ったショットはない。
a0117305_22563164.jpg

a0117305_22563934.jpg
a0117305_22564868.jpg

 飛んでいるチョウはたくさんいたが、みな雌探飛行で止まってくれない。それなら空中戦。やっぱり気に入らない。
a0117305_22583942.jpg

 交尾のおつながりを同行者が見つけた。
a0117305_230995.jpg
a0117305_2301979.jpg

 幼虫も大きいのもいる。これらは皆秋型になるのだろう。
a0117305_2312624.jpg

 このくらいいれば来年も大丈夫。とりあえずひと安心。
[PR]

by buttfflow | 2016-11-17 23:05 | Comments(0)

藤岡の山にて

 藤岡市は結構山が多い。御荷鉾山を始め西上州の山で前回アップしたツマジロウラジャノメも見られる。この途中でサラシナショウマやアキノキリンソウが満開でこの花に小さなチョウが見られた。
a0117305_22165067.jpg
a0117305_22165932.jpg

a0117305_22184453.jpg
a0117305_22185088.jpg
a0117305_2219072.jpg

a0117305_2219368.jpg

 この先悪路を下って舗装道路に出てしばらく行くと黒いパピリオが吸水していた。車を止めてしばらく待つとまたやってきた。ミヤマカラスアゲハだ。
a0117305_2222587.jpg
a0117305_22221152.jpg
a0117305_22221884.jpg
a0117305_22222686.jpg
a0117305_22223744.jpg
a0117305_222244100.jpg

 これを撮り終わって、悪路の興奮がようやく冷めた。撮影に夢中になるとほかのことは忘れる。こんな効用もあるのだ。
[PR]

by buttfflow | 2016-11-12 22:25 | Comments(1)

ツマジロウラジャノメ

 ようやく英国から帰ってから出かけた画像です。しばらくの間、腰の張りからくる足のしびれで動けずにいた。盆明けで人が少ない時期に見られるチョウ、ツマジロウラジャノメが藤岡にもいるというので出かけてきた。結構山奥で、舗装もなくなったあたりで、大きな崖下に咲くヤマハハコの花で吸蜜していた。もう夢中で撮りまくった。
a0117305_23315721.jpg
a0117305_23321626.jpg

 しばらくすると別の花に移った。
a0117305_2333310.jpg
a0117305_23331413.jpg

 白い花が好きなのかと思ったら、近くに咲くアキノキリンソウの黄色い花に移った。花色に好みはなさそう。こちらのほうが蜜が多そうにに見える。しばらく止まってくれた。
a0117305_23352618.jpg
a0117305_23353354.jpg
a0117305_23354491.jpg
a0117305_23355833.jpg
a0117305_23361572.jpg
a0117305_23362918.jpg

 今度は岩の上で休んだ。この構図が今までに見た構図。
a0117305_23372561.jpg

 すぐにまたキリンソウに戻った。
a0117305_23384296.jpg
a0117305_23385280.jpg
a0117305_2339440.jpg
a0117305_23391584.jpg

 その後、崖の上のほうに飛び去った。もう少し待とうかと思ったが、先にも崖くらい4あるだろうと進むと、崖どころではない。道路が完全にダート。車高の低い我が愛車では通れるか?もう目いっぱいのハンドル操作で下った。何回かこすったが舗装道路に出て一安心。かなりの冷や汗と肝を冷やしたドライブであった。まあ、目的は達したので良しとした。来年行くとしたら必ず引き返そう。
[PR]

by buttfflow | 2016-11-08 23:49 | Comments(2)

メスアカミドリシジミ(2)

 メスアカミドリシジミは巴(卍)飛行が長く、その半径が小さいので撮りやすい。オス同士がはるか上のほうでクルクルと追いかけっこを始め、そこにほかのオスが入ると三つ巴とはならずに空中分解。4頭以上になるともう流れるだけで撮りようがない。2頭でクルクルしているときが撮るチャンス。目の高さまでやってくる時がある。
a0117305_2226068.jpg
a0117305_2226775.jpg
a0117305_22262287.jpg
a0117305_22263272.jpg
a0117305_22264193.jpg
a0117305_22265112.jpg

 背景が暗い時が一番いいのだがなかなか思い通りには行かない。自分が動けばいいのだ。
a0117305_22282149.jpg
a0117305_22282794.jpg
a0117305_22283678.jpg
a0117305_22284329.jpg
a0117305_22285199.jpg
a0117305_2229035.jpg

 暗い背景に何か光るものがあった。
a0117305_22294454.jpg
a0117305_2230141.jpg
a0117305_22301449.jpg

 2頭が重なった瞬間も写っていた。
a0117305_22314675.jpg
a0117305_2232452.jpg

 こんなのが撮れるのでやめられない。来年はもっと良いのを撮ろう。・・・できるかな。
[PR]

by buttfflow | 2016-11-05 22:34 | Comments(0)