花蝶風月


蝶や花を主とした自然の写真エッセイ
by buttfflow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
最新のコメント
naokiさん、コメント..
by buttfflow at 23:06
文中・・・ヒメヒカゲとか..
by naoki at 17:44
himeooさん、コメン..
by buttfflow at 23:32
クロヒカゲモドキ&ツマジ..
by himeoo27 at 20:25
naokiさん、コメント..
by buttfflow at 23:21
himeooさん、コメン..
by buttfflow at 20:50
セセリチョウの仲間は ..
by himeoo27 at 19:54
ヒメオオさん、コメントあ..
by buttfflow at 22:46
最後の夕陽の中で佇む「カ..
by himeoo27 at 19:05
naokiさん、コメント..
by buttfflow at 23:53
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ぐんま昆虫の森フォトコン2018


 2018年1月。初日の出を撮りに行こうかと思っていたが寝坊。気が付いた時には日は高いし寒い。この歳になると寒いのは苦手。毎年やっていたウラナミシジミの飼育もフジマメに卵が見つからず断念。そうこうしているうちにぐんま昆虫の森フォトコンの表彰式。いつもの仲間から3人が入賞。表彰式くらい出ないとならない。 少し早めに着いて池の中のハイイロゲンゴロウ。今年も氷が張っていない。数年前にTさんが撮ったという。氷に閉じ込められたハイイロゲンゴロウ。姿を見るだけでいい。表彰式の後はコムラサキの越冬幼虫とゼフの卵探し。コムラサキの幼虫はいつもの川沿いのヤナギ。たくさんの目で探したが老眼には難しい。指導員に効くと目の高さにいるという。やっと見つけた2つ。
a0117305_23141634.jpg
a0117305_23143499.jpg
 ゼフィルスの卵は小さいながらラベルが近くにある。ウラナミアカシジミ。
a0117305_23151627.jpg
オオミドリシジミ。
a0117305_23153882.jpg
ミズイロオナガシジミ。
a0117305_23155450.jpg
自分たちで見つけたミドリシジミ。
a0117305_23160381.jpg
a0117305_23161192.jpg
温室内のツマベニチョウ。
a0117305_23163542.jpg
雑木林には小鳥が群れる。エナガにコゲラ。
a0117305_23162862.jpg
a0117305_23164572.jpg
最後に今年の優秀賞入選。シリアゲコバチの産卵。苦労して10日も通って撮った一枚。
a0117305_23165762.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2018-04-17 23:40 | Comments(0)

コヒオドシ


 今日で去年の画像は終わりにするつもり。もう4月も半ばを過ぎた。今年は異常な暖かさ春のチョウも出そろってしまった。歳のせいで出遅れてはいるが暖かいと庭にもチョウが飛ぶ。こんな時にコヒオドシとは何事かと怒られそうだが去年のベストテンの一つなのでアップする。8月の遠征で松本郊外の山の中。これも撮りたかったチョウだ。スイスアルプスやイギリスのロンドン郊外でも見たグローバルなチョウだ。先ずはグリンデルワルドのアイガーの山麓。
a0117305_00230032.jpg
 イギリスはロンドン南のテームズ川沿いのブッシーパーク。
a0117305_00230890.jpg
 オオゴマシジミを撮ったあと吸蜜に来ていたコヒオドシ。見つけて胸が高鳴る。
a0117305_00203272.jpg
a0117305_00204774.jpg
a0117305_00205484.jpg
a0117305_00210129.jpg
a0117305_00211390.jpg
a0117305_00212595.jpg
a0117305_00215156.jpg
a0117305_00215752.jpg
a0117305_00220998.jpg
a0117305_00222342.jpg
a0117305_00223111.jpg
 また、移って別の花
a0117305_00224305.jpg
a0117305_00225180.jpg
 やってきたミドリヒョウモンに邪魔されてさようなら。
[PR]

# by buttfflow | 2018-04-15 23:30 | Comments(0)

オオゴマシジミ


 もう少しで去年の画像は終わりになる。ゴマシジミ続いて松本市のはずれのオオゴマシジミを見つけに出かけた。ポイント近くの駐車場。もうここにネットマン数人。ゴマシジミは保護され、採集者は罰金300万の標識があちこちにあり、ネットの出しようがない。ところがオオゴマは規制がない。ポイントまで歩くとまたネットマン。聞くと新鮮なのがいたという。どれだけ撮ったか言わない。早めに禁止にしないといなくなる。カーブをいくつか過ぎるとようやく1頭見つける。ヒメキマダラヒカゲと一緒に吸蜜。慌てて撮った。
a0117305_22022785.jpg
a0117305_22023923.jpg
a0117305_22024899.jpg
a0117305_22025896.jpg
 ヒメヒカゲが飛ぶと一緒に飛んだ。少し遠いがまた吸蜜。今度こそ失敗は許されない。何とか飛び出しを捉えた。
a0117305_22030819.jpg
a0117305_22032052.jpg
a0117305_22033039.jpg
a0117305_22034045.jpg
a0117305_22034960.jpg
a0117305_22035662.jpg
 遅れてきた仲間は見られず仕舞い。残念だが仕方がない。この日はこの1頭見ただけ。数年前にはたくさんいたのに。やっぱりここにはいなくなるのか。分かっているのに手の打ちようがない。せいぜい監視員に知らせることくらいしかできない。ゴマシジミの監視に来た松本市の方に知らせた。
[PR]

# by buttfflow | 2018-04-14 23:09 | Comments(2)

ゴマシジミ


 牛伏山で逢った千葉のSさん、夏場は松本にいるという。松本市郊外のゴマシジミは保護されるようになり、青いゴマシジミが多く見られる。何時でも案内するというので出かけた。かつて2回出かけたが青ゴマは見ただけで撮ったのは黒いのばかりだった。今度のポイントはそんなに広くないが展望も良く青空に青いゴマシジミの生える場所だった。
a0117305_23131793.jpg
a0117305_23133369.jpg
a0117305_23134922.jpg
a0117305_23135733.jpg
a0117305_23140340.jpg
a0117305_23141270.jpg
a0117305_23144394.jpg
a0117305_23142394.jpg
a0117305_23143279.jpg
a0117305_23160592.jpg
 近くで咲いている萩にもたくさん集まる。ここでは黒いゴマシジミも結構集まっていた。
a0117305_23144394.jpg
a0117305_23145050.jpg
a0117305_23150310.jpg
a0117305_23151181.jpg
a0117305_23152469.jpg
a0117305_23153223.jpg
 少し上のほうに行くと北アルプスが良く見えるが山頂付近には雲がかかっていた。
a0117305_23161570.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2018-04-09 23:27 | Comments(0)

クロヒカゲモドキ


 今日は朝からだるくてくしゃみと鼻水だらけ。この歳で花粉症の発症か。まさか新記録になってしまう。風邪かと思って熱を測るが平熱。元気が出ない。 今回ははTさん案内の3種の最後、クロヒカゲモドキ。虫の会で撮った人の話を聞くとオフロードを行って落石で通れなくなったら更に歩くと見られるという。そんなの嫌だ。ここはツマジロウラジャノメと一緒に快適な場所。夕方活動性のこのチョウは3時半を過ぎると活発になるという。ポイントはたくさんあってカーブの外側の草地。
a0117305_23224502.jpg
a0117305_23225276.jpg
a0117305_23225921.jpg
a0117305_23230647.jpg
a0117305_23231502.jpg
a0117305_23232296.jpg
a0117305_23233238.jpg
a0117305_23233990.jpg
a0117305_23234775.jpg
a0117305_23235508.jpg
a0117305_23240146.jpg
a0117305_23240816.jpg
 初撮りが2種。帰りは夏祭りの渋滞にあったがもう満足のルンルン気分。映画イブモンタンの「恐怖の報酬」のラストにならなければ良い。かなり古いね。
[PR]

# by buttfflow | 2018-03-28 23:37 | Comments(2)

ツマジロウラジャノメ


 8月に入ってツマジロウラジャノメを撮りたいと蝶友のTさんに連絡したら、明日案内するから来いという。急遽出かけ、悪路を覚悟していたら全行程舗装。こんなところにいるのかびっくり。着いたら早速崖で休息中。他を探すと高いところで咲いているリョウブの花で吸蜜。一向に動く気配なし。待つことしばらく(?)。そこへキタキチョウ。なんでキタキチョウなんかに蜜源を譲るのか。追い立てられるように飛び出した。シャッターチャンスだ。
a0117305_23083216.jpg
a0117305_23084214.jpg
a0117305_23084914.jpg
a0117305_23085573.jpg
a0117305_23090360.jpg
 その後花には来ない。崖を行ったり来たり、ガールハント(古いかな)、雌探索飛行だ。止まるのを追うのは老体にはきつい。何枚かものにできた。
a0117305_23091054.jpg
a0117305_23091688.jpg
a0117305_23092451.jpg
a0117305_23093157.jpg
 Tさんによると黄色い花に良く止まるとの事。急に言われても準備ができない。周りを見ると崖の反対側にキクイモの花。これを採って崖のそばに置いた。しばらくしたら本当に来た。もう萎れ始めているのにも止まってくれた。
a0117305_23093895.jpg
a0117305_23094496.jpg
a0117305_23243263.jpg
 次回はもう少し良い花を用意して行こう。♀も撮りたい。
[PR]

# by buttfflow | 2018-03-25 23:30 | Comments(2)

コムラサキ


 N社のムモンアカシジミを撮り終えてコムラサキが見られる林道へ向かった。沢沿いの林道ではコムラサキが吸水しているが、ここは釣り人が多く車が通るとしばらくは逃げて出てこない。車の来ないうちに撮ろうと急いでシャッターを切る。吸水中はなかなか飛んでくれない。両方の翅が紫に見える瞬間を撮りたい。吸水しているときはV字開翅までだ。飛ぶのを待とう。
a0117305_22472643.jpg
a0117305_22475013.jpg
a0117305_22475935.jpg
 そのうちに周りの下草に止まる。この時は比較的早く飛び立ってくれる。その代り早くピントを合わせないと逃げてしまう。
a0117305_22480922.jpg
a0117305_22481601.jpg
a0117305_22482993.jpg
a0117305_22483778.jpg
a0117305_22484831.jpg
a0117305_22485723.jpg
 何枚か紫が綺麗に撮れた。結構難しいチョウだ。幼虫を探すのもかなり難しいがぐんま昆虫の森でやなぎの木に目印を付けて紹介しているので今年も撮れた。オオムラサキに比べると成虫も幼虫も探すのが難しいチョウなのだ。
[PR]

# by buttfflow | 2018-03-22 23:03 | Comments(0)

ムモンアカシジミ


 7月の下旬、上田市郊外の農機具の製造会社のN社が自社の里山でオオムラサキ観察会を毎年開いている。もう10年近く通っている。何回か通っているうちにチョウ仲間のHさんが「アカシジミ」と叫んだ。この時期にアカシジミはおかしい。良く見るとアカシジミの紋が見えない。ムモンアカシジミだ。なるべく分からないように撮っていたがそのうちに有名になってしまった。オオムラサキを見に来る人とムモンアカを楽しみにやってくる人の二通りの楽しみ方になったようだ。この日は朝から暑かったのでムモンアカは葉裏で涼んでる姿が多かった。
a0117305_22411653.jpg
a0117305_22412407.jpg
a0117305_22413394.jpg
a0117305_22414270.jpg
a0117305_22415176.jpg
 葉裏に止まったチョウの飛ぶ姿を撮るので木を揺するといやいやながらだろうが飛び立つ。どうも上から下向きに飛び立つ姿は違和感がある。
a0117305_22421480.jpg
a0117305_22423124.jpg
a0117305_22424314.jpg
 やっぱり葉の表から飛ぶ姿が良い。
a0117305_22425778.jpg
 連写で撮ったこの姿が普通だ。
a0117305_22430616.jpg
a0117305_22431348.jpg
a0117305_22432079.jpg
a0117305_22432720.jpg
a0117305_22434117.jpg
 昔、ヒメジョオンで吸蜜して飛び立つ瞬間を正面から撮ったことがある。また撮ってみたいものだ。
[PR]

# by buttfflow | 2018-03-21 23:02 | Comments(0)

メスアカミドリシジミ


 メスアカミドリシジミの活動時間は昼を過ぎてからだ。上ばかり見ていたので首が疲れてきたころまた上を飛び始める。林の中よりも道路わきのほうが多く見られるようだ。カーブで少し谷になった道路わき。何時かカメラを忘れてきた場所だ。少し高い位置に止まり、飛んで来た♂を見つけれると直ちにスクランブル。クルクル回って追いかけてまた同じところに止まる。メスアカは全開で止まるがすぐにV字開翅になることが多い。
a0117305_22360415.jpg
a0117305_22361265.jpg
a0117305_22361947.jpg
a0117305_22362980.jpg
a0117305_22364470.jpg
 外縁の黒い淵と深い金緑が素晴らしい。
a0117305_22365516.jpg
a0117305_22370684.jpg
a0117305_22371588.jpg
a0117305_22372221.jpg
a0117305_22373016.jpg
 これを撮るとおしまいになる。この年は緑系のゼフィルス多かった。
[PR]

# by buttfflow | 2018-03-19 22:47 | Comments(0)

アイノミドリシジミ


 ことところ暖かい日が続いている。これまで寒くて庭仕事をサボっていたが今やらないと植え替えができない。庭の模様替えは大変だ。今までチョウを呼ぶための庭で結局雑草だらけの庭だった。ギシギシを植えてベニシジミ、カラスノエンドウでモンキチョウやツバメシジミ、メドハギでキタキチョウ、ムラサキハナナでツマキチョウ等々。ツマキチョウはいつの間にか♀が飛んで来て卵を産んだ。孵化したての幼虫が卵の殻を食べるところなど飼わなければ撮れないシーンを撮って感激したりした。そんないわゆる雑草を抜いて春の花を主として植え替えた。これが結構大変で3時間もやると腰が痛い。そんな訳でブログの更新をまたサボってしまった。 時は去年の7月。ゼフィルスの最盛期。近くで見られる一番きれいなゼフのアイノミドリシジミ。到着したときはもうジョウザンミドリと交代していた。活動時間いっぱいに動き回っていたチョウたちはヘトヘト状態で下草にいる。撮りやすくて良いが背景が良くない。じっと待って飛ぶところを狙う。
a0117305_17172636.jpg
a0117305_17173374.jpg
a0117305_17174530.jpg
a0117305_17175694.jpg
a0117305_17180308.jpg
 逆光で上から光が差した姿は結構珍しいのではなかろうか。
a0117305_17181037.jpg
a0117305_17181747.jpg
a0117305_17182601.jpg
 やっぱり順光で輝く姿が一番きれいだ。
a0117305_17183547.jpg
a0117305_17184214.jpg
a0117305_17184930.jpg

[PR]

# by buttfflow | 2018-03-15 17:39 | Comments(0)